7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustratorイラストサンプル アドビイラストレーターとは

PhotoshopとIllustratorの違い

投稿日:

パソコンのデザインツールと言えば、まず頭に浮かぶのが、adobeのPhotoshopとIllustratorですが、同じデザインツールでも、どのような用途の違いがあるか解説します。

1.PhotoshopとIllustratorの違いについて
まずPhotoshopですが、ビットマップ画像と言われる色のついたドットの集合のデータです。こちらは写真の加工ツールです。雑誌に載せる写真のレタッチや、暗い写真を明るくしたり合成させたりできるツールです。
また、ペンツールを使用して手描きのような絵をデジタル画像で表現できたりもします。

次にIllustratorですが、ベクター画像と呼ばれる位置や情報を記録して図形を描写するものなので、拡大しても荒れない利点があります。印刷物やグラフィックを作成するのに強いツールです。また、きれいで正確なグラフィックを作成するのにも適しています。

2.2つのツールの作画の違い
それでは、実際にどのぐらいの作画の違いがあるのでしょうか?

まずは、Photoshopから、実際の作画を元にご説明します。

こちらはペンツールで作成したイラストなのですが、実際の筆で描くような筆のかすれ具合や、色の重なりで表現された微妙なタッチもデジタルで表現できていますね。

先ほどPhotoshopの特徴でも説明した、写真のレタッチなどにも細かい色の差分や表現を加工するのに適しているといえます。

また、ペンツールを駆使し、例えばゲームのキャラのイラストや背景のデジタル作画にも適しているツールと言えます。

次にIllustratorの作画はこのように変わります。

Photoshopと違い、線の描画がはっきりしていて、図形を合わせたようなきれいな作画になっています。
狂いのない曲線や図形が描けるため、ロゴやデザインの作成に適しています。
また、はっきりした画像で表現できるため、印刷物のデザインなどにも適しています。

3.それぞれのツールのお仕事

以上をふまえると、それぞれの用途でできる仕事内容が変わってきます。
例えば、Photoshopの使用に適しているお仕事は以下のようなものがあります。

・ゲームの背景などの2Dキャラデザイナー
・写真のレタッチャー
・Webデザイナー

そしてIllustratorに向いている職業は以下のようなものがあげられます。

・DTPデザイナー
・アバター作成
・グラフィックデザイナー

もちろん、WebサイトをIllustratorで作成することもありますし、グラフィックデザインをPhotoshopで作成する場合もありますが、それぞれのツールの特性を活かした使い方をするのがベストですし、人によって得意なツール、不得意なツールがあります。
ぜひどちらも使用してみて、ツールの特性を学んでみてください。

PR

PR

-illustratorイラストサンプル, アドビイラストレーターとは

執筆者:

関連記事

イラストレーターで見出しにイラストを使って、印象的に見せる方法

  見出しはやはり目立たないといけないものです。 そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで見出しにイラストを使って、印象的に見せる方法  

【初心者必見】Illustratorってどんなことができる?

Illustratorは、ドロー系のソフトです。線の描写が自由自在に描けることで、デザイナーやクリエイターから愛用されているツールです。 商業印刷のイラスト・デザインから、Webサイトのデザインまでグ …

オリジナルエンブレムをつくろう 簡単編

  こんにちは 今回は、オリジナルエンブレム作製の方法を簡単に載せたいと思います。   オリジナルエンブレム手順

アドビイラストレーターとは?

  【Illustratorの歴史と概要】 adobe Illustratorは、文字通りイラスト作製からロゴ作製、広告デザイン 図面作製、仕様書作製など様々な用途に使われています。 Ill …

エンブレムを作ってみました東京五輪エンブレム騒動の裏で

一見作る事が難しそうなエンブレムですが、基本的には画像をトレースをしてベースを作っていくので非常に簡単です。ここでのトレースとは下絵をなぞるという意味です。WEB上で、ネタになりそうな画像などを探してきてイラストレーターの画面上にその画像を貼り付けます。その画像をベースに、ペンツールでアウトラインをトレースしていきます。あ、パクリはあかんよ。あくまで参考資料ね