7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator テキスト

イラストレーターで砂文字を書く方法

投稿日:2017年1月17日 更新日:

イラストレーターでシンボルツールを使用して砂文字を書く方法をご紹介します。

印象的な文字にしたい時にオススメです。

イラストレーターで砂文字を書く方法

スポンサーリンク

まず、【シンボルパネル】を開きます。

【ウィンドウ】→【シンボル】で開けます。

2

そして、パネル左下の【シンボルライブラリメニュー】から【アートテクスチャ】の【点描】を選択します。

6

そして、【シンボルスプレーツール】を選択します。

1

アートボード上にドラッグして、シンボルを下のように書きます。

20

次に色を塗るために【シンボルステインツール】を選択します。

12

シンボル上をドラッグしながら、色を塗ると下のようになります。

今回は赤色にしました。

21

その上に、白い塗りの文字を書きます。

これで砂の上に書いたような文字が完成します。

22

記号でもおしゃれです。

19

 

PR

PR

-illustrator テキスト
-, , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターでヒビの入った文字を作る方法

  イラストレーターでは、文字を目立たせたい時にオススメのヒビの入った文字を作る方法を今回はご紹介します。 文字だけでなく、様々なイラストの効果に使えるので ここで扱うヒビ割れ効果は是非憶え …

イラストレーターで文字を変形させる方法

イラストレーターでは文字を簡単に変形させることができます。オリジナルの文字も作ることができるので、コツをつかんでキレイなオリジナル文字を作ってみましょう。

イラストレーターでオリジナルの筆線を作る方法

イラストレーターの線をオリジナル感のある筆線を作る方法をご紹介します。 味わいのある線を作りたい時にオススメです。   イラストレーターでオリジナルの筆線を作る方法  

イラストレーターでタイトルや見出しを目立たせる 文字を縁取る方法

イラストレーターでは、文字を重ねることで、見出しを目立たせることもできます。 また、文字の周りを縁取る効果があるのでインパクトがあり、 見出しで見る人を惹きつけたい時に、使いたい方法です。 &nbsp …

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを出したい時にオススメです。   イラストレーターでかすれた文字を作る方法