7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator テキスト illustrator 便利なテクニック

イラストレーターでドット柄の文字を作る方法

投稿日:2017年1月24日 更新日:

 

イラストレーターでドット柄の文字を作る方法についてご紹介します。

見出しを目立たせたい時にオススメです。

 

イラストレーターでドット柄の文字を作る方法

 

スポンサーリンク

 

まずは、お好みの文字を配置します。

この時点で、文字の色をお好みの色に変更しておいてください。

1

文字上で、右クリックし、【アウトラインを作成】を選択します。

3

次に、【長方形グリッドツール】を選択します。

【直線ツール】を長押しすると、出てきます。

5

【長方形グリッドツール】をダブルクリックすると、下のパネルが表示されます。

今回は、下のように設定しました。

1

できたものを文字上に置き、それだけを選択状態で、【オブジェクト】→【パス】→【パスのアウトライン】を選択します。

2

その後、全てを選択状態で、【パスファインダーパネル】で【分割】を選択します。

4

そして、【効果】→【スタイライズ】→【角を丸くする】を選択します。

お好みで設定してください。

6

すると、下のような文字ができあがります。

いらないものはけしてください。

3

また、最初の文字配置の段階で色を付けておくと、下のようなカラフルなドットもできますし、一つ一つのドットの色を変更することもできます。

4

PR

PR

-illustrator テキスト, illustrator 便利なテクニック
-, , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで砂文字を書く方法

イラストレーターでシンボルツールを使用して砂文字を書く方法をご紹介します。印象的な文字にしたい時にオススメです。

イラストレーターでオリジナルの筆線を作る方法

イラストレーターの線をオリジナル感のある筆線を作る方法をご紹介します。 味わいのある線を作りたい時にオススメです。   イラストレーターでオリジナルの筆線を作る方法  

文字バリエーション!イラストレーターでかわいい文字を作る方法

今回は文字のデザインのバリエーションとして イラストレーターで見出しを作る際に普通とは違ったものにしたい時にオススメの方法です。   簡単に作れるので、試してみてください。   イ …

イラストレーターで画像をトレースしたい時の画像配置方法

  イラストレーターで画像をトレースしたい時、そのまま配置すると、画像と線が分かりにくいですよね。   そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで画 …

グレースケールの画像にスウォッチで色をつける

グレースケールの写真にスウォッチで色をつけることができます。 【スウォッチパネル/カラーパネルで色を変更する】 1.色を適応させる写真を選択 まずは、グレースケールの写真を用意します。 2.スウォッチ …