7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator テキスト illustrator 便利なテクニック

イラストレーターの合成フォント機能の使い方

投稿日:2017年1月25日 更新日:

 

イラストレーターには、文章内のフォントを漢字やかななどで変えることができる合成フォントの機能があります。

漫画を見てみると分かるのですが、漢字はゴシック、かなは明朝体となっているのもこの機能です。

より読みやすくなるよう合成フォントの機能を覚えておきましょう。

 

イラストレーターの合成フォント機能の使い方

 

スポンサーリンク

 

まずは、文章を用意します。

どんな文字でもOKです。

 

今回はとりあえず以下のテキストを使います。

1

 

そして、【書式】→【合成フォント】を選択します。

 

3

 

すると、このような【合成フォントパネル】がでてきます。

9

 

漢字、かな、などをお好みのフォントやサイズ、ベースなどに設定します。

6

 

設定が終わったら、新規ボタンを押します。

8

 

名前を決めてOKを押します。任意の名前なので、とりあえずどんな名前でもOKです。

5

 

すると、イラストレーターの【フォントファミリを設定】の部分の一番上に先ほど登録したものがあるので、それを選択します。

7

 

すると、下のような合成フォントが作れます。

2

 

いかがでしたでしょうか?

できましたか?これはかなり使えるツールですので

テクニックとして憶えておいて損はないですね!!!

 

 

PR

PR

-illustrator テキスト, illustrator 便利なテクニック
-, ,

執筆者:

関連記事

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう1 輪郭編

  簡単な図形を応用して、オリジナルキャラや自分のアバターを作ってみよう!という企画です。   ここでは、シンプルなアフロキャラの作り方を説明します。   アバター作製方 …

イラストレーターで画像をトレースしたい時の画像配置方法

  イラストレーターで画像をトレースしたい時、そのまま配置すると、画像と線が分かりにくいですよね。   そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで画 …

イラストレーターでオリジナルの絵筆ブラシを作成する方法

イラストレーターでは、もともと入っているブラシじゃ足りないと思った時には、オリジナルの絵筆ブラシを作成することもできます。 マイブラシを作成して、オリジナリティーをUPさせましょう。   イ …

イラストレーターCCでTypekitからフォントを追加する方法

  イラストレーターCCでは、無償でTypekitからフォントを追加することがきます。 数は、多くありませんが、使いたいフォントがあるかもしれないので、チェックしてみてください。 &nbsp …

イラストレーターでエリア内に文字を書く方法

雑誌などでよくみる、枠のエリア内に文字を書く方法を今回はご紹介します。 このテクニックを知っているだけで 例えば自分でチラシやお店のフライヤー、ホームページを作る時に ちょっとオシャレなイメージを演出 …