*

イラストレーターでオリジナルの筆線を作る方法

イラストレーターの線をオリジナル感のある筆線を作る方法をご紹介します。

味わいのある線を作りたい時にオススメです。

 

イラストレーターでオリジナルの筆線を作る方法

 

スポンサーリンク

 

まず、直線を書きます。

【Shiftキー】を押しながら、引くとまっすぐ引けます。

2

そして、【線幅ツール】を選択します。

1

選択状態で、線上にのせると、下のような○が現れ、カーソルに+が加わります。

3

そして、○をドラッグしながら上に持っていくと、下のような線に変わります。

4

これを何度も繰り返すと、下のような線もできます。

5

また、片側だけ広げたいときは、【Altキー】を押しながら行います。

6

これも何度も繰り返すことができます。

7

作成したものは、イラストレーター上部の【可変線幅プロファイル】に追加できます。

追加は、下の部分をクリックします。

8

クリックすると、下のようなパネルがでるので、お好みで名前をつけ、OKを押します。

9

そして、ブラシ定義を下のようにします。

10

ブラシで、お好みのものを書きます。

パスでも図形でも大丈夫です。

11

書いたものを選択状態で、【可変線幅プロファイルパネル】の中の先ほど作ったものを選択すると、下のようなものが作れます。

12

また、左は今回作った【オリジナルの可変線幅プロファイル】を、【ブラシ定義】を右のように【木炭・鉛筆】の【木炭(粗い)】に変更します。

13

すると、したのように筆文字のようにもできます。

14

関連記事

no image

イラストレーターで文字を手書き風にする方法

  イラストレーターで文字を手書きレトロ風にしたい時に、 または、文字をかすれ

記事を読む

no image

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを

記事を読む

no image

イラストレーターでヒビの入った文字を作る方法

イラストレーターでは、文字を目立たせたい時にオススメのヒビの入った文字を作る方法を今回はご紹介します

記事を読む

no image

イラストレーターでタイトルや見出しを目立たせる 文字を縁取る方法

イラストレーターでは、文字を重ねることで、見出しを目立たせることもできます。 また、文字の周り

記事を読む

19

イラストレーターで砂文字を書く方法

イラストレーターでシンボルツールを使用して砂文字を書く方法をご紹介します。 印象的な文字にした

記事を読む

text3

illustrator で文字を好きな形に合わせたい 

イラレのテキストを好きなように変化させたり 形をいじりたいときってありますよね。 今日は

記事を読む

no image

文字の形に写真を切り抜いたかのような文字を作る方法

文字の形に写真を切り抜いたかのような 文字を作る方法を今回はご紹介します。  

記事を読む

no image

イラストレーターで奥行きのある立体的なロゴを作る方法

見出しを目立たせたいときに参考にしていただきたい、 奥行きのある立体的なロゴを作る方法をご紹介

記事を読む

no image

イラストレーターでエリア内に文字を書く方法

雑誌などでよくみる、枠のエリア内に文字を書く方法を今回はご紹介します。 このテクニックを知って

記事を読む

no image

文字バリエーション!イラストレーターでかわいい文字を作る方法

今回は文字のデザインのバリエーションとして イラストレーターで見出しを作る際に普通とは違ったも

記事を読む

PAGE TOP ↑
金利差