*

イラストレーターで四角形を使ってデジタル文字を作る方法

印象的なロゴにする際にオススメの四角形で文字を作る方法をご紹介します。

きれいに並べることがポイントです。

 

イラストレーターで四角形を使って文字を作る方法

 

スポンサーリンク

 

まず、四角形を置きます。

2

【オブジェクト】→【パス】→【段組設定】から、行と列の段数をお好みで設定します。

1

すると、下のような図ができます。

3

そして、【シアーツール】を選択します。

【縮小・拡大ツール】を長押しすると、【シアーツール】が出てきます。

 

7

このツールを使って、お好みでななめにすると下のようになります。

6

そして、文字の形に塗りをいれていきます。

8

いらないところは、消去します。

そして、向きの違う四角形は、【リフレクトツール】で向きを反対にします。

【リフレクトツール】は、【回転ツール】を長押しすると出てきます。

9

だいたいできあがったら、いらないマスを消したり、微調整します。

微調整する際は、【Shiftキー+矢印キー】を使うなどして、間隔を統一するときれいに見えます。

4

これで、完成でもよいですが、今回は、さらに丸みを付け加えていきます。

【ダイレクト選択ツール】を選択します。

10

丸みを出したい部分の角を一度クリックします。

すると、下のようになります。

11

角から内側へドラッグしながら、持って行くと下のように丸みがでます。

12

すると、したのような文字ができます。

5

 

関連記事

no image

イラストレーターで文字を手書き風にする方法

  イラストレーターで文字を手書きレトロ風にしたい時に、 または、文字をかすれ

記事を読む

no image

イラストレーターでヒビの入った文字を作る方法

イラストレーターでは、文字を目立たせたい時にオススメのヒビの入った文字を作る方法を今回はご紹介します

記事を読む

no image

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを

記事を読む

no image

イラストレーターでオリジナルの筆線を作る方法

イラストレーターの線をオリジナル感のある筆線を作る方法をご紹介します。 味わいのある線を作りた

記事を読む

no image

イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点

イラストレーターで文章を縦組みにしたい時がありますよね。 そんな時に、注意したい数字の縦組みに

記事を読む

no image

イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法

イラストレーターでは、図形の形など好きな形に文字を配置することができます。 おしゃれに文字を配

記事を読む

no image

イラストレーターでエリア内に文字を書く方法

雑誌などでよくみる、枠のエリア内に文字を書く方法を今回はご紹介します。 このテクニックを知って

記事を読む

text3

illustrator で文字を好きな形に合わせたい 

イラレのテキストを好きなように変化させたり 形をいじりたいときってありますよね。 今日は

記事を読む

no image

イラストレーターで奥行きのある立体的なロゴを作る方法

見出しを目立たせたいときに参考にしていただきたい、 奥行きのある立体的なロゴを作る方法をご紹介

記事を読む

no image

文字の形に写真を切り抜いたかのような文字を作る方法

文字の形に写真を切り抜いたかのような 文字を作る方法を今回はご紹介します。  

記事を読む

PAGE TOP ↑
金利差