7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator テキスト

イラストレーターで四角形を使ってデジタル文字を作る方法

投稿日:

印象的なロゴにする際にオススメの四角形で文字を作る方法をご紹介します。

きれいに並べることがポイントです。

 

イラストレーターで四角形を使って文字を作る方法

 

スポンサーリンク

 

まず、四角形を置きます。

2

【オブジェクト】→【パス】→【段組設定】から、行と列の段数をお好みで設定します。

1

すると、下のような図ができます。

3

そして、【シアーツール】を選択します。

【縮小・拡大ツール】を長押しすると、【シアーツール】が出てきます。

 

7

このツールを使って、お好みでななめにすると下のようになります。

6

そして、文字の形に塗りをいれていきます。

8

いらないところは、消去します。

そして、向きの違う四角形は、【リフレクトツール】で向きを反対にします。

【リフレクトツール】は、【回転ツール】を長押しすると出てきます。

9

だいたいできあがったら、いらないマスを消したり、微調整します。

微調整する際は、【Shiftキー+矢印キー】を使うなどして、間隔を統一するときれいに見えます。

4

これで、完成でもよいですが、今回は、さらに丸みを付け加えていきます。

【ダイレクト選択ツール】を選択します。

10

丸みを出したい部分の角を一度クリックします。

すると、下のようになります。

11

角から内側へドラッグしながら、持って行くと下のように丸みがでます。

12

すると、したのような文字ができます。

5

 

PR

PR

-illustrator テキスト
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点

イラストレーターで文章を縦組みにしたい時がありますよね。 そんな時に、注意したい数字の縦組みについて今回はご紹介します。   イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点  

イラストレーターの禁則処理の使い方

  イラストレーターでは、{、!<といったものを段の一番始めや終わりにならないように設定することができます。   自動で処理されるので、自分で行うより正確ですし、何に禁則処理を施す …

no image

イラストレーターで奥行きのある立体的なロゴを作る方法

見出しを目立たせたいときに参考にしていただきたい、 奥行きのある立体的なロゴを作る方法をご紹介します。   見出しにインパクトを持たせたいときや ポップで前へ前へでる感じを出したい時に 簡単 …

イラストレーターで残像のような文字を作成する方法

イラストレーターで残像のような文字の作り方をご紹介します。
タイトルを印象的にするためにオススメの方法です。

no image

イラストレーターでタイトルや見出しを目立たせる 文字を縁取る方法

イラストレーターでは、文字を重ねることで、見出しを目立たせることもできます。 また、文字の周りを縁取る効果があるのでインパクトがあり、 見出しで見る人を惹きつけたい時に、使いたい方法です。 &nbsp …