7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator テキスト illustrator 便利なテクニック

イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法

投稿日:2016年7月6日 更新日:

イラストレーターでは、図形の形など好きな形に文字を配置することができます。

おしゃれに文字を配置できるので、ぜひ覚えておきましょう。

イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法

スポンサーリンク

まず、好きな形の図を書きます。

今回は、円を書きました。

1

そして、【文字ツール】の【パス上文字ツール】をクリックします。

もしくは、【文字ツール】を選んだ状態で図形上をクリックすると、自動的に【パス上文字ツール】に変更されます。

2

そして、円上の文字を開始したい場所におきます。

3

文字を流し込むと、円上に文字が配置されました。

8

 

また、文字の方向を縦にすることもできます。

11

これは、【パス上文字(縦)ツール】を選ぶことで、作成できます。

12

また、シェイプだけでなく、【ペンツール】で好きな形に作ったパス上にも文字を配置できます。

まず、パスで好きな形を書きます。

9

そこに、【パス上文字ツール】で文字を書くことができます。

10

また、文字を配置した後に、微調整など変更することも可能です。

【移動ツール】をクリックします。

16

移動ツールで、先頭をドラッグしながら、後にずらすと、先頭が移動します。

14

同様に、移動ツールで後尾をドラッグしながら、前にずらすと、後尾が移動します。

15

また、文章が長くて入りきらないときは、後尾にある赤い【+】マークをクリックします。

すると、マークが変更され、それを好きな位置でもう一度クリックすると、余っていた文章が同じ形で作成されます。

13

PR

PR

-illustrator テキスト, illustrator 便利なテクニック
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点

イラストレーターで文章を縦組みにしたい時がありますよね。 そんな時に、注意したい数字の縦組みについて今回はご紹介します。   イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点  

イラレのスウォッチパレットを見やすくしたい【作業効率化アップ】

  カラーパレットを自分が見やすいように設定する事で作業がしやすくなります。 基本的な設定ですので、下記画像を参考して見て下さい。   イラストレーターのスウォッチパレットを理解す …

イラストレーターでオリジナルの筆線を作る方法

イラストレーターの線をオリジナル感のある筆線を作る方法をご紹介します。 味わいのある線を作りたい時にオススメです。   イラストレーターでオリジナルの筆線を作る方法  

イラストレーターでドット柄の文字を作る方法

  イラストレーターでドット柄の文字を作る方法についてご紹介します。 見出しを目立たせたい時にオススメです。   イラストレーターでドット柄の文字を作る方法  

イラストレーターでオリジナルの絵筆ブラシを作成する方法

イラストレーターでは、もともと入っているブラシじゃ足りないと思った時には、オリジナルの絵筆ブラシを作成することもできます。 マイブラシを作成して、オリジナリティーをUPさせましょう。   イ …