*

イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法

イラストレーターでは、図形の形など好きな形に文字を配置することができます。

おしゃれに文字を配置できるので、ぜひ覚えておきましょう。

イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法

スポンサーリンク

まず、好きな形の図を書きます。

今回は、円を書きました。

1

そして、【文字ツール】の【パス上文字ツール】をクリックします。

もしくは、【文字ツール】を選んだ状態で図形上をクリックすると、自動的に【パス上文字ツール】に変更されます。

2

そして、円上の文字を開始したい場所におきます。

3

文字を流し込むと、円上に文字が配置されました。

8

 

また、文字の方向を縦にすることもできます。

11

これは、【パス上文字(縦)ツール】を選ぶことで、作成できます。

12

また、シェイプだけでなく、【ペンツール】で好きな形に作ったパス上にも文字を配置できます。

まず、パスで好きな形を書きます。

9

そこに、【パス上文字ツール】で文字を書くことができます。

10

また、文字を配置した後に、微調整など変更することも可能です。

【移動ツール】をクリックします。

16

移動ツールで、先頭をドラッグしながら、後にずらすと、先頭が移動します。

14

同様に、移動ツールで後尾をドラッグしながら、前にずらすと、後尾が移動します。

15

また、文章が長くて入りきらないときは、後尾にある赤い【+】マークをクリックします。

すると、マークが変更され、それを好きな位置でもう一度クリックすると、余っていた文章が同じ形で作成されます。

13

関連記事

no image

イラストレーターでヒビの入った文字を作る方法

イラストレーターでは、文字を目立たせたい時にオススメのヒビの入った文字を作る方法を今回はご紹介します

記事を読む

no image

文字バリエーション!イラストレーターでかわいい文字を作る方法

今回は文字のデザインのバリエーションとして イラストレーターで見出しを作る際に普通とは違ったも

記事を読む

no image

イラストレーターでタイトルや見出しを目立たせる 文字を縁取る方法

イラストレーターでは、文字を重ねることで、見出しを目立たせることもできます。 また、文字の周り

記事を読む

no image

文字の形に写真を切り抜いたかのような文字を作る方法

文字の形に写真を切り抜いたかのような 文字を作る方法を今回はご紹介します。  

記事を読む

no image

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを

記事を読む

no image

イラストレーターで文字を手書き風にする方法

  イラストレーターで文字を手書きレトロ風にしたい時に、 または、文字をかすれ

記事を読む

text3

illustrator で文字を好きな形に合わせたい 

イラレのテキストを好きなように変化させたり 形をいじりたいときってありますよね。 今日は

記事を読む

no image

イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点

イラストレーターで文章を縦組みにしたい時がありますよね。 そんな時に、注意したい数字の縦組みに

記事を読む

no image

イラストレーターでエリア内に文字を書く方法

雑誌などでよくみる、枠のエリア内に文字を書く方法を今回はご紹介します。 このテクニックを知って

記事を読む

no image

イラストレーターで奥行きのある立体的なロゴを作る方法

見出しを目立たせたいときに参考にしていただきたい、 奥行きのある立体的なロゴを作る方法をご紹介

記事を読む

PAGE TOP ↑
金利差