7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator テキスト illustrator 便利なテクニック

イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法

投稿日:2016年7月6日 更新日:

イラストレーターでは、図形の形など好きな形に文字を配置することができます。

おしゃれに文字を配置できるので、ぜひ覚えておきましょう。

イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法

スポンサーリンク

まず、好きな形の図を書きます。

今回は、円を書きました。

1

そして、【文字ツール】の【パス上文字ツール】をクリックします。

もしくは、【文字ツール】を選んだ状態で図形上をクリックすると、自動的に【パス上文字ツール】に変更されます。

2

そして、円上の文字を開始したい場所におきます。

3

文字を流し込むと、円上に文字が配置されました。

8

 

また、文字の方向を縦にすることもできます。

11

これは、【パス上文字(縦)ツール】を選ぶことで、作成できます。

12

また、シェイプだけでなく、【ペンツール】で好きな形に作ったパス上にも文字を配置できます。

まず、パスで好きな形を書きます。

9

そこに、【パス上文字ツール】で文字を書くことができます。

10

また、文字を配置した後に、微調整など変更することも可能です。

【移動ツール】をクリックします。

16

移動ツールで、先頭をドラッグしながら、後にずらすと、先頭が移動します。

14

同様に、移動ツールで後尾をドラッグしながら、前にずらすと、後尾が移動します。

15

また、文章が長くて入りきらないときは、後尾にある赤い【+】マークをクリックします。

すると、マークが変更され、それを好きな位置でもう一度クリックすると、余っていた文章が同じ形で作成されます。

13

PR

PR

-illustrator テキスト, illustrator 便利なテクニック
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで新規のシンボルの登録方法

以前、シンボルの使い方をご紹介しましたが、新規でシンボルを登録することもできます。 その方法をご紹介しますので、ぜひ覚えてオリジナルのシンボルを作ってみてください。 イラストレーターで新規のシンボルの …

イラストレーターで文字を手書き風にする方法

  イラストレーターで文字を手書きレトロ風にしたい時に、 または、文字をかすれた感じに仕上げて、雰囲気をだしたいときに オススメの方法をご紹介します。 名刺や、チラシ、ポスターなど作るときな …

スライスツールの便利な使い方【同じ大きさの画像を作成する方法】

イラストレーターで作業する時に、同じ大きさの画像をたくさん作成することもあると思います。 例えばアートボードを分割して、たくさん同じサイズのがオブジェクトを作りたいときなどです。 グリッドを表示させて …

イラレのなげわツールで選択する

  なげわツールって使った事ありますか?意外と使わない機能かとおもいきや、複雑なグラフィックや図形の一部だけ選択したいっていうときに非常に役立ちます。   イラレの投げ輪ツールの使 …

イラストレーターでヒビの入った文字を作る方法

  イラストレーターでは、文字を目立たせたい時にオススメのヒビの入った文字を作る方法を今回はご紹介します。 文字だけでなく、様々なイラストの効果に使えるので ここで扱うヒビ割れ効果は是非憶え …