*

イラストレーターで文字を手書き風にする方法

 

イラストレーターで文字を手書きレトロ風にしたい時に、

または、文字をかすれた感じに仕上げて、雰囲気をだしたいときに

オススメの方法をご紹介します。

名刺や、チラシ、ポスターなど作るときなどいろいろな場面で活用できます。

 

イラストレーターで文字をかすれさせ手書き風にする方法

スポンサーリンク

 

まず、見出しにしたい文字を書きます。

1

文字を選択した状態で、文字上で右クリックします。

2

するとこのような表示が出るので、【アウトラインを作成】を行います。

7

【効果】→【変形】→【ガラス】を選択します。

3

すると、かすれたような文字になります。

6

また、他の方法もご紹介します。

先ほどと同様に、文字を書いた後にアウトライン化します。

塗りも線も無しにします。

5

そして、【効果】→【スタイライズ】→【落書き】を選択します。

すると、このようなパネルが出てきます。

スタイルを【モアレ】に設定します。

8

そして、今度は【アピアランスパネル】を開きます。

新規塗りを選択し、そこに落書きをもっていきます。

また、線も色をつけておきます。

下はその状態です。

1

そして、文字を選択した状態で、【オブジェクト】→【アピアランスの分割】を選択します。

そして、線のブラシをこの【木炭画・ブラシ】にし、線を0.3pxほどにします。

11

12

 

 

関連記事

no image

文字バリエーション!イラストレーターでかわいい文字を作る方法

今回は文字のデザインのバリエーションとして イラストレーターで見出しを作る際に普通とは違ったも

記事を読む

text3

illustrator で文字を好きな形に合わせたい 

イラレのテキストを好きなように変化させたり 形をいじりたいときってありますよね。 今日は

記事を読む

no image

イラストレーターでエリア内に文字を書く方法

雑誌などでよくみる、枠のエリア内に文字を書く方法を今回はご紹介します。 このテクニックを知って

記事を読む

no image

イラストレーターでオリジナルの筆線を作る方法

イラストレーターの線をオリジナル感のある筆線を作る方法をご紹介します。 味わいのある線を作りた

記事を読む

19

イラストレーターで砂文字を書く方法

イラストレーターでシンボルツールを使用して砂文字を書く方法をご紹介します。 印象的な文字にした

記事を読む

no image

イラストレーターで奥行きのある立体的なロゴを作る方法

見出しを目立たせたいときに参考にしていただきたい、 奥行きのある立体的なロゴを作る方法をご紹介

記事を読む

no image

イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点

イラストレーターで文章を縦組みにしたい時がありますよね。 そんな時に、注意したい数字の縦組みに

記事を読む

no image

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを

記事を読む

no image

イラストレーターでヒビの入った文字を作る方法

イラストレーターでは、文字を目立たせたい時にオススメのヒビの入った文字を作る方法を今回はご紹介します

記事を読む

no image

イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法

イラストレーターでは、図形の形など好きな形に文字を配置することができます。 おしゃれに文字を配

記事を読む

PAGE TOP ↑
金利差