7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator テキスト

イラストレーターで奥行きのある立体的なロゴを作る方法

投稿日:2016年7月14日 更新日:

見出しを目立たせたいときに参考にしていただきたい、

奥行きのある立体的なロゴを作る方法をご紹介します。

 

見出しにインパクトを持たせたいときや

ポップで前へ前へでる感じを出したい時に

簡単に一瞬でつくれるのでオススメです。

 

超簡単!テキストを使って奥行きのある立体的なロゴを作る方法

 

スポンサーリンク

 

まずお好きな見出しを書きます。

1

文字上で、右クリックをして、【アウトラインを作成】をします。

そして、【オブジェクト】→【パスのオフセット】をクリックします。

お好みでパスのオフセットを設定してください。

6

そして、できたものをお好みの色を付け、【Shift+Ctrl+[キー】で最背面にします。

今回は、このような感じにしました。

1

そして、外側の文字のみグループ化し、【Ctrl+Cキー】でコピーし、【Ctrl+Bキー】で後にコピーします。

次に、コピーしたものを縮小し、色を濃い緑に変更し、場所を下のようにずらします。

2

コピーした文字と、最初の文字の外側の文字を選択して、【オブジェクト】→【ブレンド】→【ブレンドオプション】を開きます。

3

ステップ数を多くし、【Ctrl+Alt+Bキー】でブレンドを作成します。

4

すると、このような立体的なロゴを作成できます。

 

PR

PR

-illustrator テキスト
-, , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点

イラストレーターで文章を縦組みにしたい時がありますよね。 そんな時に、注意したい数字の縦組みについて今回はご紹介します。   イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点  

イラストレーターの合成フォント機能の使い方

  イラストレーターには、文章内のフォントを漢字やかななどで変えることができる合成フォントの機能があります。 漫画を見てみると分かるのですが、漢字はゴシック、かなは明朝体となっているのもこの …

イラストレーターで文章や画像をキレイに並べる方法

  文章や画像をキレイに並べることで、見やすさが格段にUPします。 文字の間隔や高さ、列の段数などを綺麗に揃える方法をお伝えします。   地元の新聞や広告、ホームページなど印刷物は …

イラストレーターで砂文字を書く方法

イラストレーターでシンボルツールを使用して砂文字を書く方法をご紹介します。印象的な文字にしたい時にオススメです。

イラストレーターで文字やイラストに影をつける方法

イラストレーターでも文字やイラストに影をつけることができます。 簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターで文字やイラストに影をつける方法