7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator テキスト

イラストレーターで奥行きのある立体的なロゴを作る方法

投稿日:2016年7月14日 更新日:

見出しを目立たせたいときに参考にしていただきたい、

奥行きのある立体的なロゴを作る方法をご紹介します。

 

見出しにインパクトを持たせたいときや

ポップで前へ前へでる感じを出したい時に

簡単に一瞬でつくれるのでオススメです。

 

超簡単!テキストを使って奥行きのある立体的なロゴを作る方法

 

スポンサーリンク

 

まずお好きな見出しを書きます。

1

文字上で、右クリックをして、【アウトラインを作成】をします。

そして、【オブジェクト】→【パスのオフセット】をクリックします。

お好みでパスのオフセットを設定してください。

6

そして、できたものをお好みの色を付け、【Shift+Ctrl+[キー】で最背面にします。

今回は、このような感じにしました。

1

そして、外側の文字のみグループ化し、【Ctrl+Cキー】でコピーし、【Ctrl+Bキー】で後にコピーします。

次に、コピーしたものを縮小し、色を濃い緑に変更し、場所を下のようにずらします。

2

コピーした文字と、最初の文字の外側の文字を選択して、【オブジェクト】→【ブレンド】→【ブレンドオプション】を開きます。

3

ステップ数を多くし、【Ctrl+Alt+Bキー】でブレンドを作成します。

4

すると、このような立体的なロゴを作成できます。

 

PR

PR

-illustrator テキスト
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

文字の形に写真を切り抜いたかのような文字を作る方法

文字の形に写真を切り抜いたかのような 文字を作る方法を今回はご紹介します。   印象的な見出しやロゴになるので、 覚えておくとかなり使えますよ!   イラストレーターで文字の形で画 …

イラストレーターの禁則処理の使い方

  イラストレーターでは、{、!<といったものを段の一番始めや終わりにならないように設定することができます。   自動で処理されるので、自分で行うより正確ですし、何に禁則処理を施す …

イラストレーターで残像のような文字を作成する方法

イラストレーターで残像のような文字の作り方をご紹介します。
タイトルを印象的にするためにオススメの方法です。

イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点

イラストレーターで文章を縦組みにしたい時がありますよね。 そんな時に、注意したい数字の縦組みについて今回はご紹介します。   イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点  

イラストレーターでオリジナルの絵筆ブラシを作成する方法

イラストレーターでは、もともと入っているブラシじゃ足りないと思った時には、オリジナルの絵筆ブラシを作成することもできます。 マイブラシを作成して、オリジナリティーをUPさせましょう。   イ …