7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator テキスト illustrator 画像処理

イラストレーターでタイトルや見出しを目立たせる 文字を縁取る方法

投稿日:2016年7月7日 更新日:

イラストレーターでは、文字を重ねることで、見出しを目立たせることもできます。

また、文字の周りを縁取る効果があるのでインパクトがあり、

見出しで見る人を惹きつけたい時に、使いたい方法です。

 

例えば名刺や広告、フライヤー、ホームページなどを作るときに

目立たせたい文字や、インパクトを持たせたいときに非常に簡単に効果を発揮してくれます。

 

イラストレーターで見出しを目立たせる方法

スポンサーリンク

 

まず、見出しにしたい文字を書きます。

1

文字を選択した状態で、文字上で右クリックします。

2

するとこのような表示が出るので、【アウトラインを作成】を押します。

3

これで、文字がアウトライン化されました。

この時、【Ctrl+Gキー】でグループ化しておくと、色を一括で変更したい時に便利です。

アウトラインをした後に文字を変えることはできないので、注意しましょう。

間違っていたという時は、【Ctrl+Zキー】で戻ることができるので、最初に戻って、文字を修正し、再度アウトライン化します。

4

そして、【オブジェクト】→【パス】→【パスのオフセット】を選択します。

5

このような表示がでるので、お好みに調整します。

今回は、オフセット(つまり文字をどれだけ大きくするか)を10px、角の形状はラウンドにしました。

6

すると、このようになります。

この状態で、【Ctrl+Gキー】でグループ化し、色を変えます。

そして、【Shift+Ctrl+[キー】で重ね順を最背面にします。

ちなみに、【Shift+Ctrl+]キー】で最前面です。

7

このようにすることで、見出しが目立つようになります。

これを応用して、下のような見出しもできます。

8

パスのオフセットを2回行い、色を付ける際にカラーではなく、グラデーションをつかったり、1つ1つの文字色を変えるなどしています。

 

PR

PR

-illustrator テキスト, illustrator 画像処理
-, , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを出したい時にオススメです。   イラストレーターでかすれた文字を作る方法  

イラストレーターの禁則処理の使い方

  イラストレーターでは、{、!<といったものを段の一番始めや終わりにならないように設定することができます。   自動で処理されるので、自分で行うより正確ですし、何に禁則処理を施す …

no image

文字の形に写真を切り抜いたかのような文字を作る方法

文字の形に写真を切り抜いたかのような 文字を作る方法を今回はご紹介します。   印象的な見出しやロゴになるので、 覚えておくとかなり使えますよ!   イラストレーターで文字の形で画 …

文字バリエーション!イラストレーターでかわいい文字を作る方法

今回は文字のデザインのバリエーションとして イラストレーターで見出しを作る際に普通とは違ったものにしたい時にオススメの方法です。   簡単に作れるので、試してみてください。   イ …

イラストレーターでヒビの入った文字を作る方法

  イラストレーターでは、文字を目立たせたい時にオススメのヒビの入った文字を作る方法を今回はご紹介します。 文字だけでなく、様々なイラストの効果に使えるので ここで扱うヒビ割れ効果は是非憶え …