7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator テキスト illustrator 画像処理

イラストレーターでエリア内に文字を書く方法

投稿日:2016年7月6日 更新日:

雑誌などでよくみる、枠のエリア内に文字を書く方法を今回はご紹介します。

このテクニックを知っているだけで

例えば自分でチラシやお店のフライヤー、ホームページを作る時に

ちょっとオシャレなイメージを演出することができます。

とっても簡単なテクニックなので是非使ってみてください!!

 

オシャレに画像などのエリア内に文字を書く方法

スポンサーリンク

まず、使いたい形を書きます。

今回は、円を書きました。

2

そして、【エリア内文字ツール】を選択し、円の中でクリックします。

4

そして、文字を流し込むと、下のようになります。

3

これを活用すると、雑誌で見るようなおしゃれな雰囲気にもできます。

1

これは、文字色を白にして、円形の形のある写真を下に敷いています。

また、文字バランスがおかしいので、微調整をしてみます。

 

文字を全て選択した状態で、文字の高さを詰めたい時は、【Altキー】を押しながら【↑キー】を押して、文字を上げます。

 

下に下げたい時は、【Altキー】を押しながら【↓キー】を押します。

また、文字間を広げたい時は、【Altキー】を押しながら【→キー】を押します。

文字間を狭めたい時は、【Altキー】を押しながら【←キー】を押します。

キャプチャ

上の写真は、上に詰めている状態です。

また、段落を調整したい時は、【段落パネル】行います。

今回は、中央揃えを選択します。

5

このようにして、微調整を行って完成です。

6

また、よく見る雑誌の文章部分もこれで作成できます。

四角の枠を作り、その中に文字を流し込みます。

6

すると、文章が途中で入りきらなくなります。

そこで、後尾にある赤い【+】をクリックします。

すると、マークが変わるので、残りの文字を書きたい部分でクリックを押します。

【Shiftキー】を押しながら行うと、揃えやすいです。

7

これで、2つの段落ができました。

下のようになります。

8

 

以上がエリア文字ツールの使い方です。

アイデア次第では広告やホームページがぐっとオシャレになります。

しかもやり方は超簡単なので是非参考にしてくださいね。

 

PR

PR

-illustrator テキスト, illustrator 画像処理
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで奥行きのある立体的なロゴを作る方法

見出しを目立たせたいときに参考にしていただきたい、 奥行きのある立体的なロゴを作る方法をご紹介します。   見出しにインパクトを持たせたいときや ポップで前へ前へでる感じを出したい時に 簡単 …

写真や画像の配置で表示されないなどのトラブルを防ぐポイント

illsutrator イラストレーターで写真などの画像を配置する機会がある際に、覚えておきたいポイントをご紹介します。   ネットや、自分のフォルダから写真をイラストレーターの画面上に貼り …

イラストレーターでオリジナルの筆線を作る方法

イラストレーターの線をオリジナル感のある筆線を作る方法をご紹介します。 味わいのある線を作りたい時にオススメです。   イラストレーターでオリジナルの筆線を作る方法  

illustrator(イラストレーター)の柄の作り方、スウォッチパターンの仕組みを知る

  まずはYouTubeの動画をご覧ください。 非常にわかりやすいです。 今日は意外と難しいイラストレーターで柄やパターンを作るときの仕組みを勉強しましょう♪   サンプルとしてダ …

イラストレーターで砂文字を書く方法

イラストレーターでシンボルツールを使用して砂文字を書く方法をご紹介します。印象的な文字にしたい時にオススメです。