*

イラストレーターでエリア内に文字を書く方法

雑誌などでよくみる、枠のエリア内に文字を書く方法を今回はご紹介します。

このテクニックを知っているだけで

例えば自分でチラシやお店のフライヤー、ホームページを作る時に

ちょっとオシャレなイメージを演出することができます。

とっても簡単なテクニックなので是非使ってみてください!!

 

オシャレに画像などのエリア内に文字を書く方法

スポンサーリンク

まず、使いたい形を書きます。

今回は、円を書きました。

2

そして、【エリア内文字ツール】を選択し、円の中でクリックします。

4

そして、文字を流し込むと、下のようになります。

3

これを活用すると、雑誌で見るようなおしゃれな雰囲気にもできます。

1

これは、文字色を白にして、円形の形のある写真を下に敷いています。

また、文字バランスがおかしいので、微調整をしてみます。

 

文字を全て選択した状態で、文字の高さを詰めたい時は、【Altキー】を押しながら【↑キー】を押して、文字を上げます。

 

下に下げたい時は、【Altキー】を押しながら【↓キー】を押します。

また、文字間を広げたい時は、【Altキー】を押しながら【→キー】を押します。

文字間を狭めたい時は、【Altキー】を押しながら【←キー】を押します。

キャプチャ

上の写真は、上に詰めている状態です。

また、段落を調整したい時は、【段落パネル】行います。

今回は、中央揃えを選択します。

5

このようにして、微調整を行って完成です。

6

また、よく見る雑誌の文章部分もこれで作成できます。

四角の枠を作り、その中に文字を流し込みます。

6

すると、文章が途中で入りきらなくなります。

そこで、後尾にある赤い【+】をクリックします。

すると、マークが変わるので、残りの文字を書きたい部分でクリックを押します。

【Shiftキー】を押しながら行うと、揃えやすいです。

7

これで、2つの段落ができました。

下のようになります。

8

 

以上がエリア文字ツールの使い方です。

アイデア次第では広告やホームページがぐっとオシャレになります。

しかもやり方は超簡単なので是非参考にしてくださいね。

 

関連記事

no image

イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法

イラストレーターでは、図形の形など好きな形に文字を配置することができます。 おしゃれに文字を配

記事を読む

no image

イラストレーターで奥行きのある立体的なロゴを作る方法

見出しを目立たせたいときに参考にしていただきたい、 奥行きのある立体的なロゴを作る方法をご紹介

記事を読む

no image

イラストレーターで文字を手書き風にする方法

  イラストレーターで文字を手書きレトロ風にしたい時に、 または、文字をかすれ

記事を読む

no image

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを

記事を読む

no image

文字バリエーション!イラストレーターでかわいい文字を作る方法

今回は文字のデザインのバリエーションとして イラストレーターで見出しを作る際に普通とは違ったも

記事を読む

19

イラストレーターで砂文字を書く方法

イラストレーターでシンボルツールを使用して砂文字を書く方法をご紹介します。 印象的な文字にした

記事を読む

no image

イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点

イラストレーターで文章を縦組みにしたい時がありますよね。 そんな時に、注意したい数字の縦組みに

記事を読む

text3

illustrator で文字を好きな形に合わせたい 

イラレのテキストを好きなように変化させたり 形をいじりたいときってありますよね。 今日は

記事を読む

no image

文字の形に写真を切り抜いたかのような文字を作る方法

文字の形に写真を切り抜いたかのような 文字を作る方法を今回はご紹介します。  

記事を読む

no image

イラストレーターでタイトルや見出しを目立たせる 文字を縁取る方法

イラストレーターでは、文字を重ねることで、見出しを目立たせることもできます。 また、文字の周り

記事を読む

PAGE TOP ↑
金利差