7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形 illustrator テキスト

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

投稿日:2016年7月25日 更新日:

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。

古めかしい感じやはんこのような感じを出したい時にオススメです。

 

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

 

スポンサーリンク

 

まずは、お好みの文字を置きます。

1

文字上で右クリックし、【アウトラインを作成】を押します。

7

そして、【ブラシツール】を選択します。

1

次に、上部にあるブラシ選択パネルの【ブラシライブラリメニュー】をクリックし、【アート】→【アート・木炭_鉛筆】から、お好みのブラシを選びます。

今回は下のようなブラシを選びました。

12

そして、文字上にブラシでかすれた感じを書きます。

3

次に、【オブジェクト】→【アピアランスを分割】を行います。

この【アピアランス】とは、 外観、外見、容姿、見かけという意味があります。

例えば、上の画像を見てわかるように、ブラシの実際のパスはただの横に書かれた線です。

それを、【アピアランスを分割】で、パスを実際のブラシの形に変えることができます。

すると、下のようになります。

4

そして、ブラシで書いたものを【オブジェクト】→【複合パス】→【作成】を行います。

これは、後で、パスファインダーで型抜きをする際、複合パスと複合パス同士でないと、きちんと型抜きできないためです。

同様に、最初に書いた文字も【オブジェクト】→【複合パス】→【作成】を行います。

6

そして、文字とブラシでかいたもの両方ともを選択した状態で、【パスファインダーパネル】を開き、【前面オブジェクトで型抜き】を選択します。

12

すると、下のようになります。

9

これに塗りに色をつけて完成です。

10

ブラシで何度もかいて、かすれを増やすなどして、自分なりのアレンジを試してみてください。

 

 

 

 

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形, illustrator テキスト
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

文字の形に写真を切り抜いたかのような文字を作る方法

文字の形に写真を切り抜いたかのような 文字を作る方法を今回はご紹介します。   印象的な見出しやロゴになるので、 覚えておくとかなり使えますよ!   イラストレーターで文字の形で画 …

イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点

イラストレーターで文章を縦組みにしたい時がありますよね。 そんな時に、注意したい数字の縦組みについて今回はご紹介します。   イラストレーターで文章を縦組みにした時の注意点  

イラストレーターで砂文字を書く方法

イラストレーターでシンボルツールを使用して砂文字を書く方法をご紹介します。印象的な文字にしたい時にオススメです。

イラストレーターの合成フォント機能の使い方

  イラストレーターには、文章内のフォントを漢字やかななどで変えることができる合成フォントの機能があります。 漫画を見てみると分かるのですが、漢字はゴシック、かなは明朝体となっているのもこの …

イラストレーター まっすぐオブジェクトを分割したい!

  オブジェクトをパックリと分割したいときの方法です。しかも直線的にカットする方法。 この方法を知ることでどんなオブジェクト(イラスト)も 自分の好きな箇所でパックリと分割することができます …