7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 質問集

複数の同一カラー塗り(or カラー線・線幅)をそれぞれ正確に一度に選択したい

投稿日:2011年3月1日 更新日:

 

たくさんあるオブジェクトの中から同じ色、または線、
もしくは線幅だけを一気に選択して変更したい時があります。

「自動選択ツール」がそれを可能にしてくれるわけですが、
そのまま使うと、正確に全く同じ色だけを選択してくれない時があります。

それは、「許容値」の設定に問題があるからです。
「自動選択ツール」の「許容値」を正しく設定すれば、
色の変更や選択が一段とやりやすくなります。

スポンサーリンク

1.まずは同じ塗りだけを選択する方法をご紹介します。

①「自動選択ツール」をダブルクリックして「自動選択ツール」のオプションを表示させます。

この「許容値」という数値を「0」にします。

「許容値」を最低限に狭めることで、同じ色だけを選択することができるようになります。
「自動選択ツール」で選択したい色のオブジェクトをクリックすれば、同一色の塗りだけが
一発で選択されます。

イメージ画像


2.同じカラー(線)だけを選択する方法をご紹介します。

①自動選択ツールボックスをダブルクリックしてオプションを表示します。
そして「カラー(線)」となっている許容値を「0」に設定します。
②自動選択ツールで、選択したい線をクリックすれば、一発で同一カラーの線だけが
選択されます。
イメージ画像


3.同じ戦幅だけを選択する方法をご紹介します。

①自動選択ツールボックスをダブルクリックしてオプションを表示します。
そして「線幅」となっている許容値を「0」に設定します。
②自動選択ツールで、選択したい線をクリックすれば、一発で同一線幅だけが
選択されます。
イメージ画像

<ワンポイントアドバイス>
オブジェクトの「塗り」部分が選択しづらい時は、「環境設定」から「一般」もしくは「選択範囲・アンカー表示」の中に「オブジェクトの範囲をパスに制限」というチェック項目があるので、チェックを外すことで「塗り」の部分が選択しやすくなります。
イメージ画像

逆に「塗り」部分を選択したくない時は、このチェックを入れるようにして下さい。
「選択範囲・アンカー表示」にチェックを入れるか入れないかで、作業のしやすさが違ってきます。ケースバイケースで、使い分けましょう。

PR

PR

-illustrator 質問集
-,

執筆者:

関連記事

イラレのスウォッチパレットを見やすくしたい【作業効率化アップ】

  カラーパレットを自分が見やすいように設定する事で作業がしやすくなります。 基本的な設定ですので、下記画像を参考して見て下さい。   イラストレーターのスウォッチパレットを理解す …

画像を自分の好きな形で切り抜きたい【イラレの図形切り抜き】

  画像などをレイアウトするときに、自分の好きな形状で 画像を切り抜くことができたら便利ですよね。   今回は、「クリッピングマスク」という方法で画像や図形にマスクをかけて 好きな …

イラストレーター まっすぐオブジェクトを分割したい!

  オブジェクトをパックリと分割したいときの方法です。しかも直線的にカットする方法。 この方法を知ることでどんなオブジェクト(イラスト)も 自分の好きな箇所でパックリと分割することができます …

アクション機能の便利な使い方【作業スピードアップ】

  アクション機能は、ショートカットと似ています。 しかし、ショートカットキーは「一つの機能」を実行する際に使うものですが 「アクション」は一連の作業をボタン一つで自動的に実行させる機能とな …

斜めストライプのパターンを作りたい

  今回はイラストレーターで斜めストライプのパターンを作る方法を紹介します。 非常に簡単ですので、是非トライしてみてください。 では斜めストライプパターンの作り方を順を追って解説していきます …