7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 質問集

複数の同一カラー塗り(or カラー線・線幅)をそれぞれ正確に一度に選択したい

投稿日:2011年3月1日 更新日:

 

たくさんあるオブジェクトの中から同じ色、または線、
もしくは線幅だけを一気に選択して変更したい時があります。

「自動選択ツール」がそれを可能にしてくれるわけですが、
そのまま使うと、正確に全く同じ色だけを選択してくれない時があります。

それは、「許容値」の設定に問題があるからです。
「自動選択ツール」の「許容値」を正しく設定すれば、
色の変更や選択が一段とやりやすくなります。

スポンサーリンク

1.まずは同じ塗りだけを選択する方法をご紹介します。

①「自動選択ツール」をダブルクリックして「自動選択ツール」のオプションを表示させます。

この「許容値」という数値を「0」にします。

「許容値」を最低限に狭めることで、同じ色だけを選択することができるようになります。
「自動選択ツール」で選択したい色のオブジェクトをクリックすれば、同一色の塗りだけが
一発で選択されます。

イメージ画像


2.同じカラー(線)だけを選択する方法をご紹介します。

①自動選択ツールボックスをダブルクリックしてオプションを表示します。
そして「カラー(線)」となっている許容値を「0」に設定します。
②自動選択ツールで、選択したい線をクリックすれば、一発で同一カラーの線だけが
選択されます。
イメージ画像


3.同じ戦幅だけを選択する方法をご紹介します。

①自動選択ツールボックスをダブルクリックしてオプションを表示します。
そして「線幅」となっている許容値を「0」に設定します。
②自動選択ツールで、選択したい線をクリックすれば、一発で同一線幅だけが
選択されます。
イメージ画像

<ワンポイントアドバイス>
オブジェクトの「塗り」部分が選択しづらい時は、「環境設定」から「一般」もしくは「選択範囲・アンカー表示」の中に「オブジェクトの範囲をパスに制限」というチェック項目があるので、チェックを外すことで「塗り」の部分が選択しやすくなります。
イメージ画像

逆に「塗り」部分を選択したくない時は、このチェックを入れるようにして下さい。
「選択範囲・アンカー表示」にチェックを入れるか入れないかで、作業のしやすさが違ってきます。ケースバイケースで、使い分けましょう。

PR

PR

-illustrator 質問集
-,

執筆者:

関連記事

アクション機能の便利な使い方【作業スピードアップ】

  アクション機能は、ショートカットと似ています。 しかし、ショートカットキーは「一つの機能」を実行する際に使うものですが 「アクション」は一連の作業をボタン一つで自動的に実行させる機能とな …

グラデーションを自由な角度で入れてリアル感をアップさせよう

グラデーションを一定の方向から入れるだけでなく 斜めから入れてみたり、自由な角度でグラデーションを 表現することで、表現にリアリティーがでてきます。   以下の画像で説明している方法で、自由 …

画像を自分の好きな形で切り抜きたい【イラレの図形切り抜き】

  画像などをレイアウトするときに、自分の好きな形状で 画像を切り抜くことができたら便利ですよね。   今回は、「クリッピングマスク」という方法で画像や図形にマスクをかけて 好きな …

イラレ ハート型を簡単に作る

  基本となるハートの形を簡単に作る方法を紹介します。 5分くらいを目安に完成させるようにしてみましょう。 (スピードを計りながら作業すると上達もクオリティも高くなります)

イラストレーター画面を移動させた時にパターン(柄)がずれないようにしたい

  柄やパターンを作って、よくおこる現象で、「新規ページ」や「別ページ」に パターンを移動させると元の位置より柄やパターンがズレてしまう時があります。 これけっこうやっかいですよね。。せっか …