7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator ペンツールの基本 illustrator 便利なテクニック illustrator 質問集

ブラシに色を着ける方法 ブラシツールの必勝法

投稿日:2011年3月8日 更新日:

 

 

今回は以下の画像のように、ブラシ自体に色をつける方法をご紹介します。

これは知っておくと非常に便利です。ブラシという機能を使うとペンツールで線を引いた箇所に好きなパターンをはめ込むことができます。

スポンサーリンク

しかしそのまま使っていても色が黒のままなので、ここでは当て込んだブラシに色を着ける方法をご紹介します。
実際にやってみると以下のようになります。
イメージ画像

知っているようで、知られていないテクニックなので、画像を確認しながら是非使ってみてください。

1.任意のブラシを作ります。

ここでは例として、適当に矢羽根タイプのブラシを作ってみます。
ペンツールで、「塗り」無しの「線」のみのオブジェクトを描きます。

イメージ画像

2.ブラシのパレットにオブジェクトをドロップして放り込みます。
イメージ画像

3.新規ブラシの「パターンブラシ」にチェックを入れて登録します。
イメージ画像

4.「パターンブラシオプション」内の「方式」プルダウンの中から「色合いを付ける」を選択し「OK」を押します。
イメージ画像

5.ブラシの状態でも色を付ける事ができるようになりました。
イメージ画像

<ワンポイントアドバイス>
任意のオブジェクトをブラシに登録する際に、最初からオブジェクトの「線」に色をつけて登録する事も、もちろん可能ですが、その色でしかブラシがでません。
上記の方法のように「パターンブラシオプション」で「色合いを付ける」を選択しておけば、ブラシ登録したものに好きなように色を変更する事ができます。

PR

PR

-illustrator ペンツールの基本, illustrator 便利なテクニック, illustrator 質問集
-, ,

執筆者:

関連記事

レイヤーパネルから図形を選択する方法

IllustratorはPhotoshopと同じくレイヤーという概念があります。 Illustratorでグラフィックを作成する時は、いろんな図形を重ね合わせて制作することが多いので、レイヤーの使い方 …

イラストレーターでドット柄の文字を作る方法

  イラストレーターでドット柄の文字を作る方法についてご紹介します。 見出しを目立たせたい時にオススメです。   イラストレーターでドット柄の文字を作る方法  

複数の同一カラー塗り(or カラー線・線幅)をそれぞれ正確に一度に選択したい

  たくさんあるオブジェクトの中から同じ色、または線、 もしくは線幅だけを一気に選択して変更したい時があります。 「自動選択ツール」がそれを可能にしてくれるわけですが、 そのまま使うと、正確 …

イラストレーターの遠近グリッドで画像や文字を配置する方法

イラストレーターで、遠近感のある画像や文字を配置したい時のやり方をご紹介します。 遠近グリッドを使うことで、キレイに配置できるので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターの遠近グリッドで画像や文字 …

イラレのスウォッチパレットを見やすくしたい【作業効率化アップ】

  カラーパレットを自分が見やすいように設定する事で作業がしやすくなります。 基本的な設定ですので、下記画像を参考して見て下さい。   イラストレーターのスウォッチパレットを理解す …