*

ブラシに色を着ける方法 ブラシツールの必勝法

公開日: : 最終更新日:2016/03/28 illustrator 質問集 , ,

 

 

今回は以下の画像のように、ブラシ自体に色をつける方法をご紹介します。

これは知っておくと非常に便利です。ブラシという機能を使うとペンツールで線を引いた箇所に好きなパターンをはめ込むことができます。

スポンサーリンク

しかしそのまま使っていても色が黒のままなので、ここでは当て込んだブラシに色を着ける方法をご紹介します。
実際にやってみると以下のようになります。
イメージ画像

知っているようで、知られていないテクニックなので、画像を確認しながら是非使ってみてください。

1.任意のブラシを作ります。

ここでは例として、適当に矢羽根タイプのブラシを作ってみます。
ペンツールで、「塗り」無しの「線」のみのオブジェクトを描きます。

イメージ画像

2.ブラシのパレットにオブジェクトをドロップして放り込みます。
イメージ画像

3.新規ブラシの「パターンブラシ」にチェックを入れて登録します。
イメージ画像

4.「パターンブラシオプション」内の「方式」プルダウンの中から「色合いを付ける」を選択し「OK」を押します。
イメージ画像

5.ブラシの状態でも色を付ける事ができるようになりました。
イメージ画像

<ワンポイントアドバイス>
任意のオブジェクトをブラシに登録する際に、最初からオブジェクトの「線」に色をつけて登録する事も、もちろん可能ですが、その色でしかブラシがでません。
上記の方法のように「パターンブラシオプション」で「色合いを付ける」を選択しておけば、ブラシ登録したものに好きなように色を変更する事ができます。

関連記事

size1

イラレのパターン(柄)だけ拡大・縮小したい

  柄(パターン)をつくっても、イメージしたサイズと違っているときがありますよね。

記事を読む

pattern6

イラレ 継ぎ目のない柄やパターンをつくりたい

  イラストレーターでパターンを作る際に 継ぎ目なく(シームレスな)奇麗なパタ

記事を読む

size3

イラストレーター画面を移動させた時にパターン(柄)がずれないようにしたい

  柄やパターンを作って、よくおこる現象で、「新規ページ」や「別ページ」に パ

記事を読む

grade4

グラデーションを自由な角度で入れてリアル感をアップさせよう

グラデーションを一定の方向から入れるだけでなく 斜めから入れてみたり、自由な角度でグラデーショ

記事を読む

color-1

イラストレーターをマスターするまでにかかる時間

今日はイラストレーターが実際に、自由自在に使えるようになるまでに いったいどれだけの時間がかか

記事を読む

heart8

イラレ ハート型を簡単に作る

  基本となるハートの形を簡単に作る方法を紹介します。 5分くらいを目安に完成させ

記事を読む

vius6

斜めストライプのパターンを作りたい

  今回はイラストレーターで斜めストライプのパターンを作る方法を紹介します。

記事を読む

jidousentaku-1

複数の同一カラー塗り(or カラー線・線幅)をそれぞれ正確に一度に選択したい

  たくさんあるオブジェクトの中から同じ色、または線、 もしくは線幅だけを一気に選

記事を読む

spoitsen4

色だけ(or 線だけ)をスポイトで抽出したい

  作ったオブジェクトの中から色だけ抽出したい時ってありますよね。 周りの枠線

記事を読む

print7

イラレを分割して1ページずつプリントアウト設定をするには

  イラストレーターでプリントアウトをする際に アートボードにレイアウトしたイラス

記事を読む

PAGE TOP ↑
金利差