7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator ペンツールの基本 illustrator 図形の描き方

イラレ 線パレットの基本1

投稿日:2011年3月14日 更新日:

 

線を引くときに「線パレット」の機能でどんな事ができるのか?を知っておくと細かい部分で作業クオリティが上がります。今回はその解説をやっていきます。

 

線パレットの使い方

スポンサーリンク

1.線パレットの「線端」について知る

下図はバット線端と言います。「線」パレットの線端の中の一番左に設定されています。
線端は垂直状態になります。
イメージ画像

下図は丸形線端と言います。「線」パレットの線端の中央に設定されています。
線端は半円状態になります。。
イメージ画像

下図は突出線端と言います。「線」パレットの線端の一番右に設定されています。
線端は垂直ですが、1/2だけ線端が突出した状態になります。
イメージ画像


2.線パレットの「結合」について知る

下図は「マイター結合」と言い、エッジ(角)の部分が尖った形状になっています。
イメージ画像

下図は「ラウンド結合」と言い、その名の通り、エッジ(角)がラウンドした丸の形状になっています。
イメージ画像

下図は「ベベル結合」と言い、エッジ(角)の部分が水平にカットされた様な形状になります。
イメージ画像


<ワンポイントアドバイス>
ここでは、線を描く際に角をラウンドにしたり、スクエアーにしたりと、
自分の作りたいオブジェクトによって、「線パレット」を使いこなしせるように
なることが目的です。
「マイター結合」や「ラウンド結合」などの名称を覚えるというよりは
どんな時にどんな機能を使えば、効率よくイメージしている絵が描けるのかが
重要です。

 

 

PR

PR

-illustrator ペンツールの基本, illustrator 図形の描き方
-

執筆者:

関連記事

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう2 パーツ作製編

  1回目までの大枠はできましたか?ここからは更に細かいパーツの作り方を解説します。 頑張って完成させましょう!   アバター作製方法2

イラストレーターを使う際に便利なスムーズツールの使い方

  イラストレーターでパスをひく際に、便利なスムーズツールをご紹介します。 なめらかな線にしたい時にオススメです。   イラストレーターを使う際に便利なスムーズツールの使い方

イラストレーターで図形と図形をブレンドする方法

  イラストレーターでは、複数のオブジェクトの形状と色をブレンドすることができるブレンドツールというものがあります。これは図形と図形を連続させることで、グラデーションのような色の効果も得られ …

何処よりも身につくペンツールで正確にキレイな線を引く方法 

曲線の正確な書き方が体で理解できるようになります。どんな理屈でペンツールで曲線が描けるのか。
またどのくらいハンドルを伸ばせばどのくらいの曲線になるのか?が理解できる方法を伝授します。

イラストレーターのシンボルツールの使い方

イラストレーターには、シンボルツールというものがあり、すでに登録されているものだけでもたくさんあるので、使ってみることをオススメします。 今まで使うたびに作っていた、なんてシンボルもあるかもしれないで …