7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator ペンツールの基本

何処よりも身につくペンツールで正確にキレイな線を引く方法 

投稿日:2011年2月26日 更新日:

 

ペンツールで曲線をキレイに書く方法をお伝えします。

 

このペジェ曲線の基本をマスターすれば、イラストレーターで簡単な絵や図形を描くことが簡単に思えるようになると思います。

まずは、ペンツールが自由に使えるようになるまで、いろいろな線を引いてみましょう。

スポンサーリンク

まず正確な図形や曲線を引きたいときは画面にグリッドを表示させると良いです。

線を引く目安としてアートボードにグリッド(マス目)を表示させたい場合は画面上部のメニューバーから「表示」を選択→「グリッドを表示」で上記の画像のようなグリッドを表示できます。

 

イメージ画像

グリッドを表示させると正確な位置にオブジェクトを配置したり移動させることができるので、非常に便利です。
パターンを作ったり、正確な図を描きたいときはグリッドを表示すると良いでしょう。

そして上記のように「ポイントにスナップ」の設定をしておくとこの練習はやりやすいです。

 

1.ペンツールで任意のポイントをクリック & shiftを押しながら横へドラッグ

※下にうっすらと見える曲線はわかりやすく表示しているだけので、本来はもともとないものです。

イメージ画像

 

 

2.そのまま下へ等間隔の位置でクリック & shiftを押しながらハンドルを等間隔の距離まで横へドラッグ

ポイントにスナップの設定をしているとグリッドにぴったりとくっついて正確な線が描けます。

イメージ画像

 

 

3.同様に上の位置でクリック & shiftを押しながらハンドルを等間隔の距離まで横へドラッグ

イメージ画像

 

 

4.同様に下の位置でクリック & shiftを押しながらハンドルを等間隔の距離まで横へドラッグ

イメージ画像

 

 

以上のような練習をすると曲線の正確な書き方が体で理解できるようになります。

どんな理屈でペンツールで曲線が描けるのか。

またどのくらいハンドルを伸ばせばどのくらいの曲線になるのか?が理解できる練習です。

 

最初のうちはグリッド表示させて、かつ「ポイントにスナップ」させるとぴったりとグリッドにくっついた正確な線が描けます。

是非チャレンジしてみてください。

 

参考資料動画を貼っておきます!

かなりわかりやすく解説されていますよ~^^

PR

PR

-illustrator ペンツールの基本
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

イラレ 一部だけ角丸を適用したい

  四角いオブジェクトを作ったときに、一部だけ角丸にしたい時ってありますよね。 全部を角丸にする事はとっても楽なのですが、一部だけ角丸にしたい!そんな方法を紹介します。   図形の …

イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法

デザインする際、罫線もアクセントのあるものがいいと思いますよね。 そんな時にオススメのものを今回はご紹介します。 イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法

イラレ 線パレットの基本1

  線を引くときに「線パレット」の機能でどんな事ができるのか?を知っておくと細かい部分で作業クオリティが上がります。今回はその解説をやっていきます。   線パレットの使い方

ペンツールで簡単キレイな線【パスとハンドルのプロ技】

パスとハンドルを自在に操る事ができればあなたはもう、Illustratorで絵を描く事が楽しくて仕方なくなります。今回はとっておきのプロの基本技をご紹介します。

ペンツールの便利機能2 アンカーポイントの削除

  ペンツールの便利機能として「アンカーポイントの削除ツール」 という機能があります。 アンカーポイントを削除(マイナス)することで簡単にオブジェクトを変形させることができます。