7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator ペンツールの基本 illustrator 便利なテクニック illustrator 質問集

ブラシに色を着ける方法 ブラシツールの必勝法

投稿日:2011年3月8日 更新日:

 

 

今回は以下の画像のように、ブラシ自体に色をつける方法をご紹介します。

これは知っておくと非常に便利です。ブラシという機能を使うとペンツールで線を引いた箇所に好きなパターンをはめ込むことができます。

スポンサーリンク

しかしそのまま使っていても色が黒のままなので、ここでは当て込んだブラシに色を着ける方法をご紹介します。
実際にやってみると以下のようになります。
イメージ画像

知っているようで、知られていないテクニックなので、画像を確認しながら是非使ってみてください。

1.任意のブラシを作ります。

ここでは例として、適当に矢羽根タイプのブラシを作ってみます。
ペンツールで、「塗り」無しの「線」のみのオブジェクトを描きます。

イメージ画像

2.ブラシのパレットにオブジェクトをドロップして放り込みます。
イメージ画像

3.新規ブラシの「パターンブラシ」にチェックを入れて登録します。
イメージ画像

4.「パターンブラシオプション」内の「方式」プルダウンの中から「色合いを付ける」を選択し「OK」を押します。
イメージ画像

5.ブラシの状態でも色を付ける事ができるようになりました。
イメージ画像

<ワンポイントアドバイス>
任意のオブジェクトをブラシに登録する際に、最初からオブジェクトの「線」に色をつけて登録する事も、もちろん可能ですが、その色でしかブラシがでません。
上記の方法のように「パターンブラシオプション」で「色合いを付ける」を選択しておけば、ブラシ登録したものに好きなように色を変更する事ができます。

PR

PR

-illustrator ペンツールの基本, illustrator 便利なテクニック, illustrator 質問集
-, ,

執筆者:

関連記事

イラレのパターン(柄)だけ拡大・縮小したい

  柄(パターン)をつくっても、イメージしたサイズと違っているときがありますよね。 そんな時、パターンだけのサイズを自由に変更する方法を紹介します。   柄だけを拡大、縮小する方法

【直線ツールで地図も描ける】イラストレーターで簡単に線路を引く方法

チラシやホームページに地図を作成することがでてくるかもしれません。 そんなとき、イラストレーターの直線ツールを使いながら 超簡単に初心者さんでも線路を引く方法をご紹介します。   直線ツール …

イラレ 線パレットの基本1

  線を引くときに「線パレット」の機能でどんな事ができるのか?を知っておくと細かい部分で作業クオリティが上がります。今回はその解説をやっていきます。   線パレットの使い方

アートボードの設定・アートボードツールの使い方

アートボードは、アートワークを作成するための領域です。最高100こまでのアートボードが設定できます。印刷する時やPDFの書き出しは、アートボードの単位で出力されます。 アートボードについて、説明してい …

描いたイラストを透明に表現する方法

描いたイラストを透明に透けているように表現する方法がIllustratorの描画モードであります。 図形同士が重なる部分を透過させて表現する方法をご紹介します。 【不透明度の設定】 不透明度を設定する …