7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator ペンツールの基本 illustrator 便利なテクニック illustrator 質問集

ブラシに色を着ける方法 ブラシツールの必勝法

投稿日:2011年3月8日 更新日:

 

 

今回は以下の画像のように、ブラシ自体に色をつける方法をご紹介します。

これは知っておくと非常に便利です。ブラシという機能を使うとペンツールで線を引いた箇所に好きなパターンをはめ込むことができます。

スポンサーリンク

しかしそのまま使っていても色が黒のままなので、ここでは当て込んだブラシに色を着ける方法をご紹介します。
実際にやってみると以下のようになります。
イメージ画像

知っているようで、知られていないテクニックなので、画像を確認しながら是非使ってみてください。

1.任意のブラシを作ります。

ここでは例として、適当に矢羽根タイプのブラシを作ってみます。
ペンツールで、「塗り」無しの「線」のみのオブジェクトを描きます。

イメージ画像

2.ブラシのパレットにオブジェクトをドロップして放り込みます。
イメージ画像

3.新規ブラシの「パターンブラシ」にチェックを入れて登録します。
イメージ画像

4.「パターンブラシオプション」内の「方式」プルダウンの中から「色合いを付ける」を選択し「OK」を押します。
イメージ画像

5.ブラシの状態でも色を付ける事ができるようになりました。
イメージ画像

<ワンポイントアドバイス>
任意のオブジェクトをブラシに登録する際に、最初からオブジェクトの「線」に色をつけて登録する事も、もちろん可能ですが、その色でしかブラシがでません。
上記の方法のように「パターンブラシオプション」で「色合いを付ける」を選択しておけば、ブラシ登録したものに好きなように色を変更する事ができます。

PR

PR

-illustrator ペンツールの基本, illustrator 便利なテクニック, illustrator 質問集
-, ,

執筆者:

関連記事

グレースケールの画像にスウォッチで色をつける

グレースケールの写真にスウォッチで色をつけることができます。 【スウォッチパネル/カラーパネルで色を変更する】 1.色を適応させる写真を選択 まずは、グレースケールの写真を用意します。 2.スウォッチ …

ペンツールで簡単キレイな線【パスとハンドルのプロ技】

パスとハンドルを自在に操る事ができればあなたはもう、Illustratorで絵を描く事が楽しくて仕方なくなります。今回はとっておきのプロの基本技をご紹介します。

イラストレーターのシンボルツールを編集する方法

イラストレーターに登録されているシンボルツールを使いたいけど、ちょっと編集したいと思う時があると思います。
そんなときのやり方をご紹介します。

【デザインを作成する前に必ずやろう!】アートワークの保存

出来上がったファイルデータは名前をつけて保存します。 今回は、データの保存についてご説明します。 【名前をつけて保存する】 データが出来上がった後に保存をすると、作成している最中に消えてしまう可能性も …

レイヤーパネルから図形を選択する方法

IllustratorはPhotoshopと同じくレイヤーという概念があります。 Illustratorでグラフィックを作成する時は、いろんな図形を重ね合わせて制作することが多いので、レイヤーの使い方 …