7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator ペンツールの基本 illustrator 図形の描き方

【直線ツールで地図も描ける】イラストレーターで簡単に線路を引く方法

投稿日:2016年7月4日 更新日:

チラシやホームページに地図を作成することがでてくるかもしれません。

そんなとき、イラストレーターの直線ツールを使いながら

超簡単に初心者さんでも線路を引く方法をご紹介します。

 

直線ツールでまずは簡単に線を引いてみよう

スポンサーリンク

まずは、【直線ツール】で黒い10px幅の直線を引きます。

【Shiftキー】を押しながら、引くとまっすぐ引くことができます。

1

次に、【アピアランスパネル】で新規線を追加し、追加した線を白、10pxに設定します。

8

2

 

また、【線パネル】で、破線を12pxに設定します。

9

3

これで、線路が完成です。

10

さらに、ここからは、直線だけではなく、自由に線路を引けるようにスタイルを登録します。

できあがった線を【グラフィックスタイルパネル】の横にもっていきます。

【グラフィックスタイルパネル】は、【アピアランスパネル】を開いた時の隣のタブにあると思います。

もしくは、下のパネルボタンをクリックしてください。

それでもなければ、【ウィンドウ】→【グラフィックスタイルパネル】で表示されます。

11

横にもっていったら、ドラッグしたまま【グラフィックスタイルパネル】上にもっていきます。

4

これでスタイルが登録されました。

6

次に、【ペンツール】で線路を引きたい形に書きます。

5

書いたものを選択状態にして、【グラフィックスタイルパネル】に登録した線路を選択すると、スタイルが適用されます。

7

これで、好きな形の線路を引くことができました。

また、新たな地図作成の機会がきた時のために、スタイルを保存することもできます。

【グラフィックスタイルパネル】の【グラフィックスタイルライブラリメニュー】をクリックします。

12

そして、グラフィックスタイルを保存します。

これで、スタイルが保存されました。

新たな地図作成の際は、【グラフィックスタイルパネル】の【グラフィックスタイルライブラリメニュー】から【ユーザー定義】を選択し、保存した線路のスタイルを選択することで、再利用することができます。

 

これを応用して、自分で様々なスタイルを作って、保存しておくと、後で再利用できるので、便利な機能です。

 

PR

PR

-illustrator ペンツールの基本, illustrator 図形の描き方
-, , , ,

執筆者:

関連記事

LINEスタンプに使える手書きイラストをイラストレーターでベクター化する方法

イラストレーターでも手書きのイラストをベクター化(データ化)することができます。 とても簡単なので、オススメです。 例えばLINEのスタンプを作る時などに使える手法です。 実際にイラスト画像を使いなが …

基本的な図形の描き方をマスターしよう!

  イラストレーターをマスターすると様々な図形やグラフィックが描けるようになります。 まずは、超基本となる図形を完全にマスターしていきましょう!以下よりご説明   イラレを使った図 …

イラストレーターで画像をトレースしたい時の画像配置方法

  イラストレーターで画像をトレースしたい時、そのまま配置すると、画像と線が分かりにくいですよね。   そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで画 …

illustrator(イラストレーター)の柄の作り方、スウォッチパターンの仕組みを知る

  まずはYouTubeの動画をご覧ください。 非常にわかりやすいです。 今日は意外と難しいイラストレーターで柄やパターンを作るときの仕組みを勉強しましょう♪   サンプルとしてダ …

ペンツールの便利機能2 アンカーポイントの削除

  ペンツールの便利機能として「アンカーポイントの削除ツール」 という機能があります。 アンカーポイントを削除(マイナス)することで簡単にオブジェクトを変形させることができます。