7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形 グリッドの使い方

イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方

投稿日:2017年1月12日 更新日:

イラストレーターでは、簡単に遠近感のあるイラストを作成できます。

簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。

イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方

スポンサーリンク

まずは、【表示】→【遠近グリッド】→【二点遠近法】→【2p 標準ビュー】を選択します。

すると、下のグリッドが表示されます。

1

【表示】→【遠近グリッド】→【一点遠近法】→【1p 標準ビュー】を選択すると、

下のグリッドが表示されます。

2

【表示】→【遠近グリッド】→【三点遠近法】→【3p 標準ビュー】を選択すると、

下のグリッドが表示されます。

3

また、二点遠近法の場合、【遠近グリッドツール】をクリックしても表示されます。

19

 

どのグリッドを使うか決めたら、【遠近グリッドツール】を長押しすると、でてくる【遠近図形選択ツール】をクリックします。

4

そして、左上に表示される、下の立方体の一面をクリックします。

これは、グリッドの三面を表しています。

なので、画像を配置したい面をクリックします。

5

そして、図形ツールからお好みの図形を選択します。

今回は、【長方形ツール】を選び、右側面に長方形を書きました。

すると、自動で遠近感のある長方形が完成します。

6

左側面も同様に、立方体の左側面をクリックします。

7

そして、【長方形ツール】を選択し、長方形を書きます。

色を薄い色と、濃い色にすると光と影の部分を表すこともできます。

底面も同様に作ることができます。

8

作業が終わり、グリッドを消したい時は、【表示】→【遠近グリッド】→【グリッドを隠す】を選択すると、グリッドが非表示になります。

逆に、もう一度グリッドを表示したい時は、【表示】→【遠近グリッド】→【グリッドを表示】でグリッドが表示されます。

18

また、右面、側面、底面の位置を変更したい場合は、グリッド下にある、灰色の●を移動させることで、変更ができます。

1

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形, グリッドの使い方
-, , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを出したい時にオススメです。   イラストレーターでかすれた文字を作る方法  

基本的な図形の描き方をマスターしよう!

  イラストレーターをマスターすると様々な図形やグラフィックが描けるようになります。 まずは、超基本となる図形を完全にマスターしていきましょう!以下よりご説明   イラレを使った図 …

illustrator(イラレ)で棒グラフやレーダーチャートを簡単に作る方法

こちらはillustratorで以下のバージョンに対応した方法です(その他のバージョンでもほぼ同様の方法) ver8   ver9   ver10   CS   CS2   CS3   では …

イラストレーターで画像をトレースしたい時の画像配置方法

  イラストレーターで画像をトレースしたい時、そのまま配置すると、画像と線が分かりにくいですよね。   そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで画 …

エンベローブの作成でアーチ型のロゴを作ろう

エンベローブは、文字や図形を円弧状に変形する機能です。通常はまっすぐにしかかけないテキストや図形もメッシュポイントを使用することで、自由自在に変形することができます。 エンベローブの変形は、「ワープで …