7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形 illustrator 便利なテクニック

イラストレーターでクラフトテープを作成する方法

投稿日:2017年1月13日 更新日:

イラストレーターでクラフトテープを作る方法を今回はご紹介します。

簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。

イラストレーターでクラフトテープを作成する方法

スポンサーリンク

まずは、横長の長方形と直線を用意します。

直線は真ん中あたりにまっすぐ立てます。

1

そして、直線だけを選んだ状態で、【効果】→【パスの変形】→【ジグザグ】を選択します。

すると、下のようなパネルがでるので、大きさ(ジグザグの幅)、折り返し(ジグザグの数)をお好みで設定します。

プレビューしながらすると、分かりやすいです。

2

すると、したのようになります。

7

そして、ジグザグ線だけを選択状態にして、【オブジェクト】→【アピアランスを分割】を選択します。

これは、ジグザグ線通りに、パスを変形させるためです。

【Ctrl+Aキー】で全選択をし、【パスファインダー】の【前面オブジェクトで型抜き】を選択します。

すると、下のようになります。

3

そして、片方を【Shiftキー】を押しながら、反対側の端っこに持って行きます。

4

次に、全選択した状態で、【パスファインダー】の【合体】を選択します。

これで、クラフトテープが完成です。

5

後は、【スウォッチパネル】の左下にある【スウォッチライブラリメニュー】から下のようなチェック柄などを選択すると、クラフトテープらしくなります。

6

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形, illustrator 便利なテクニック
-, , ,

執筆者:

関連記事

継ぎ目なく柄、パターンを作って簡単な迷彩柄をパターンにしてみる

  こんにちは。 イラストレーターで一番わかりづらいのは柄の作り方。(パターンの作り方)ではないでしょうか? しかしこの柄の作り方がマスターできてしまえばこっちのもんですo(・ω・´o) で …

イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方

イラストレーターでは、簡単に遠近感のあるイラストを作成できます。 簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方

イラストレーターで新規のシンボルの登録方法

以前、シンボルの使い方をご紹介しましたが、新規でシンボルを登録することもできます。 その方法をご紹介しますので、ぜひ覚えてオリジナルのシンボルを作ってみてください。 イラストレーターで新規のシンボルの …

イラレのなげわツールで選択する

  なげわツールって使った事ありますか?意外と使わない機能かとおもいきや、複雑なグラフィックや図形の一部だけ選択したいっていうときに非常に役立ちます。   イラレの投げ輪ツールの使 …

イラストレーターCCでTypekitからフォントを追加する方法

  イラストレーターCCでは、無償でTypekitからフォントを追加することがきます。 数は、多くありませんが、使いたいフォントがあるかもしれないので、チェックしてみてください。 &nbsp …