7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形 illustrator 便利なテクニック

イラストレーターでクラフトテープを作成する方法

投稿日:2017年1月13日 更新日:

イラストレーターでクラフトテープを作る方法を今回はご紹介します。

簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。

イラストレーターでクラフトテープを作成する方法

スポンサーリンク

まずは、横長の長方形と直線を用意します。

直線は真ん中あたりにまっすぐ立てます。

1

そして、直線だけを選んだ状態で、【効果】→【パスの変形】→【ジグザグ】を選択します。

すると、下のようなパネルがでるので、大きさ(ジグザグの幅)、折り返し(ジグザグの数)をお好みで設定します。

プレビューしながらすると、分かりやすいです。

2

すると、したのようになります。

7

そして、ジグザグ線だけを選択状態にして、【オブジェクト】→【アピアランスを分割】を選択します。

これは、ジグザグ線通りに、パスを変形させるためです。

【Ctrl+Aキー】で全選択をし、【パスファインダー】の【前面オブジェクトで型抜き】を選択します。

すると、下のようになります。

3

そして、片方を【Shiftキー】を押しながら、反対側の端っこに持って行きます。

4

次に、全選択した状態で、【パスファインダー】の【合体】を選択します。

これで、クラフトテープが完成です。

5

後は、【スウォッチパネル】の左下にある【スウォッチライブラリメニュー】から下のようなチェック柄などを選択すると、クラフトテープらしくなります。

6

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形, illustrator 便利なテクニック
-, , ,

執筆者:

関連記事

マジ?超簡単!30分でできるオリジナル名刺を無料で作る方法

いちいち名刺を印刷会社に作らせなくても自分でイラストレーターを使って名刺を作ってしまいましょう!
今回は超お手軽簡単にイラストレーターでカッコイイ名刺を作る方法をご紹介します。動画解説つき

イラレ オブジェクトを拡大する【拡大の便利な使い方】

  最もよく使うといっても過言ではない「オブジェクトの拡大」の説明です。 拡大にもやり方が何種類かあるので、覚えておきましょう!   オブジェクトを拡大する方法

画像の長さや大きさなどサイズを測りたいときに使えるツール

イラストレーターを使っていると、オブジェクトの大きさ、長さを知りたくなる時がでてくるかもしれません。 また、画像のサイズ、長さを知りたい時にどうしたらいいのか。 そんな時には、イラストレーターのものさ …

イラストレーター 用語集【adobe illustrator まとめ】

  ここではadobe Illustrator用語集をまとめています。   各ツールの用語や名称をカテゴリ毎にまとめておりますので、以下のリンクから入って下さい。 表示画面の名称 …

イラストレーターで新規のシンボルの登録方法

以前、シンボルの使い方をご紹介しましたが、新規でシンボルを登録することもできます。 その方法をご紹介しますので、ぜひ覚えてオリジナルのシンボルを作ってみてください。 イラストレーターで新規のシンボルの …