7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形 illustrator 便利なテクニック

イラストレーターでクラフトテープを作成する方法

投稿日:2017年1月13日 更新日:

イラストレーターでクラフトテープを作る方法を今回はご紹介します。

簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。

イラストレーターでクラフトテープを作成する方法

スポンサーリンク

まずは、横長の長方形と直線を用意します。

直線は真ん中あたりにまっすぐ立てます。

1

そして、直線だけを選んだ状態で、【効果】→【パスの変形】→【ジグザグ】を選択します。

すると、下のようなパネルがでるので、大きさ(ジグザグの幅)、折り返し(ジグザグの数)をお好みで設定します。

プレビューしながらすると、分かりやすいです。

2

すると、したのようになります。

7

そして、ジグザグ線だけを選択状態にして、【オブジェクト】→【アピアランスを分割】を選択します。

これは、ジグザグ線通りに、パスを変形させるためです。

【Ctrl+Aキー】で全選択をし、【パスファインダー】の【前面オブジェクトで型抜き】を選択します。

すると、下のようになります。

3

そして、片方を【Shiftキー】を押しながら、反対側の端っこに持って行きます。

4

次に、全選択した状態で、【パスファインダー】の【合体】を選択します。

これで、クラフトテープが完成です。

5

後は、【スウォッチパネル】の左下にある【スウォッチライブラリメニュー】から下のようなチェック柄などを選択すると、クラフトテープらしくなります。

6

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形, illustrator 便利なテクニック
-, , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを出したい時にオススメです。   イラストレーターでかすれた文字を作る方法  

イラストレーターで見出しにイラストを使って、印象的に見せる方法

  見出しはやはり目立たないといけないものです。 そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで見出しにイラストを使って、印象的に見せる方法  

【イラストレーターでチェック柄パターン】を超簡単に作る具体的な方法

  今回はみんなが一度は作ってみたいチェック柄のパターンを基本的な部分から 具体的に作り方の説明をしていきたいと思います。  イラレでチェック柄を簡単に作る方法

イラレ ハート型を簡単に作る

  基本となるハートの形を簡単に作る方法を紹介します。 5分くらいを目安に完成させるようにしてみましょう。 (スピードを計りながら作業すると上達もクオリティも高くなります)

色だけ(or 線だけ)をスポイトで抽出したい

  作ったオブジェクトの中から色だけ抽出したい時ってありますよね。 周りの枠線は抽出したくない!っていうときです。 今回はスポイトを使った便利な抽出方法をご紹介します。   イラレ …