7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形

イラストレーターで線を生かしたアーティスティックな模様を出す方法

投稿日:2017年1月14日 更新日:

 

イラストレーターでデザインをする際に使えそうな線を生かした模様を作る方法をご紹介します。

簡単なので、ポイントをつかんで、作ってみてください。

 

イラストレーターで線を生かしたアーティスティックな模様を出す方法

 

スポンサーリンク

 

まずは、直線を上と右に引きます。

そして、【ダイレクト選択ツール】で上に向かう直線の上の点と、右に向かう直線の右の点を選択します。

28

そして、【オブジェクト】→【ブレンド】→【オブジェクトオプション】を選択します。

今回、設定はステップ数を50に設定しました。

【オブジェクト】→【ブレンド】→【作成】をします。

すると、下のようなものができます。

次に、【ダイレクト選択ツール】で、直角になっている部分の点をクリックして、選択します。

29

そして、少し上にずらします。

すると、網目上になります。

 

30

【Ctrl+Aキー】で全選択を行います。

そして、【リフレクトツール】で、【Shift+Altキー】を押しながら複製&ペーストを行います。

すると、下のようになります。

 

32

これを後2回繰り返すと、下のような幾何学的な模様が完成します。

31

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形
-, , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで図形と図形をブレンドする方法

  イラストレーターでは、複数のオブジェクトの形状と色をブレンドすることができるブレンドツールというものがあります。これは図形と図形を連続させることで、グラデーションのような色の効果も得られ …

1分でできる!イラストレーターでドット柄、ハーフトーンを作成する方法

イラストレーターでは、簡単にドット柄を作ることができます。   しかも1分で誰でもできるようなテクニックですので 是非おぼえておくと便利ですよ^^   よく漫画で使われているハーフ …

スライスツールの便利な使い方【同じ大きさの画像を作成する方法】

イラストレーターで作業する時に、同じ大きさの画像をたくさん作成することもあると思います。 例えばアートボードを分割して、たくさん同じサイズのがオブジェクトを作りたいときなどです。 グリッドを表示させて …

イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方

イラストレーターでは、簡単に遠近感のあるイラストを作成できます。 簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方

no image

パスファインダパネルの用途は?

パスファインダは重なる図形を組み合わせて、新しい図形を作成することができる機能です。 例えば丸い図形を重ねることで、花びらのような模様ができるのですが、 パスファインダを使用することで重ねた図形を合体 …