7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形 illustrator テキスト illustrator 便利なテクニック illustrator 画像処理

イラストレーターで残像のような文字を作成する方法

投稿日:2017年2月3日 更新日:

 

イラストレーターで残像のような文字の作り方をご紹介します。

タイトルを印象的にするためにオススメの方法です。

 

イラストレーターで残像のような文字を作成する方法

 

スポンサーリンク

 

 

まずは、お好みの文字を配置します。

1

そして、文字上で右クリックして【アウトラインを作成】を選択します。

3

【直線ツール】を選択します。

 

1

文字上に等間隔になるよう直線を【Ctrl+Cキー】でコピー、【Ctrl+Bキー】で後ろにペーストし、複製していきます。

【矢印キー】を使うと、等間隔にしやすいです。

2

文字いっぱいに引き終わったら、直線のみ選択し、【オブジェクト】→【パス】→【パスのアウトライン】を選択します。

3

次に、全てを選択して、【パスファインダーパネル】の【分割】を選択します。

4

すると、下のようになります。

いらないものは消します。

5

【効果】→【スタイライズ】→【角を丸くする】を選択します。

このような表示がでるので、お好みで設定します。

今回は下のように設定しました。

6

すると、下のようになります。

 

7

次に、【効果】→【パスの変形】→【ランダム・ひねり】を選択します。

8

すると、このような残像のような文字が完成します。

9

少し微調整をし、色を付けます。

10

下のようなアレンジも可能です。

11

 

 

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形, illustrator テキスト, illustrator 便利なテクニック, illustrator 画像処理
-, , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで砂文字を書く方法

イラストレーターでシンボルツールを使用して砂文字を書く方法をご紹介します。印象的な文字にしたい時にオススメです。

ブラシに色を着ける方法 ブラシツールの必勝法

    今回は以下の画像のように、ブラシ自体に色をつける方法をご紹介します。 これは知っておくと非常に便利です。ブラシという機能を使うとペンツールで線を引いた箇所に好きなパターンを …

イラストレーターで文字を変形させる方法

イラストレーターでは文字を簡単に変形させることができます。オリジナルの文字も作ることができるので、コツをつかんでキレイなオリジナル文字を作ってみましょう。

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを出したい時にオススメです。   イラストレーターでかすれた文字を作る方法  

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう1 輪郭編

  簡単な図形を応用して、オリジナルキャラや自分のアバターを作ってみよう!という企画です。   ここでは、シンプルなアフロキャラの作り方を説明します。   アバター作製方 …