7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形

超簡単!イラストレーターでオブジェクトを重ねてリアルさを再現する

投稿日:2016年8月26日 更新日:

イラストレーターでは、どんどんスタイルを重ねていくことができます。

今回は、そのやり方をご紹介します。

選択によって、無限の可能性があるので、暇な時にスタイルを試してみるといいですね。

 

イラストレーターで複数のスタイルを重ねて適用する方法

 

スポンサーリンク

 

まずは、お好みの図形を用意します。

今回は、下のような図形を用意しました。

2

そして、【グラフィックパネル】を開き、【グラフィックスタイルライブラリメニュー】をクリックします。

13

すると、下のような表示が出るので、【グラフィックスタイルライブラリを開く】をクリックします。

4

このような表示がでるので、【光彩スタイル】を表示します。

5

【光彩スタイルパネル】が出るので、お好みのスタイルを選んでください。

6

今回は、このようなスタイルを選択しました。

1

次に、パネルの下部にある右表示の▼を何回か押すと、【イメージ効果パネル】が出るので、その中から【影】を【Altキー】を押しながら選択します。

これで、先ほどの光彩スタイルに影のスタイルがプラスされました。

7

このイメージ効果には、【影(後方)】などの効果もあります。

この効果も【Altキー】で選択します。

8

すると、このような図形ができました。

11

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形
-, , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターの便利な塗りブラシツールの使い方

イラストレーターでは塗りブラシツールというツールがあります。 普通のブラシツールとは、違った塗り方なので、覚えておきましょう。 イラストレーターの便利な塗りブラシツールの使い方

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを出したい時にオススメです。   イラストレーターでかすれた文字を作る方法  

イラストレーターで線を生かしたアーティスティックな模様を出す方法

  イラストレーターでデザインをする際に使えそうな線を生かした模様を作る方法をご紹介します。 簡単なので、ポイントをつかんで、作ってみてください。   イラストレーターで線を生かし …

no image

パスファインダパネルの用途は?

パスファインダは重なる図形を組み合わせて、新しい図形を作成することができる機能です。 例えば丸い図形を重ねることで、花びらのような模様ができるのですが、 パスファインダを使用することで重ねた図形を合体 …

楕円形ツール、多角形ツールで簡単なネコを描いてみる

  楕円形ツールや多角形ツールなど基本ツールだけで、超単純なネコを描いてみましょう。 とっても単純な図形をつかった猫の絵なので、クオリティはあまり気にしないでいきます。 あくまでも練習という …