7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形

超簡単!イラストレーターでオブジェクトを重ねてリアルさを再現する

投稿日:2016年8月26日 更新日:

イラストレーターでは、どんどんスタイルを重ねていくことができます。

今回は、そのやり方をご紹介します。

選択によって、無限の可能性があるので、暇な時にスタイルを試してみるといいですね。

 

イラストレーターで複数のスタイルを重ねて適用する方法

 

スポンサーリンク

 

まずは、お好みの図形を用意します。

今回は、下のような図形を用意しました。

2

そして、【グラフィックパネル】を開き、【グラフィックスタイルライブラリメニュー】をクリックします。

13

すると、下のような表示が出るので、【グラフィックスタイルライブラリを開く】をクリックします。

4

このような表示がでるので、【光彩スタイル】を表示します。

5

【光彩スタイルパネル】が出るので、お好みのスタイルを選んでください。

6

今回は、このようなスタイルを選択しました。

1

次に、パネルの下部にある右表示の▼を何回か押すと、【イメージ効果パネル】が出るので、その中から【影】を【Altキー】を押しながら選択します。

これで、先ほどの光彩スタイルに影のスタイルがプラスされました。

7

このイメージ効果には、【影(後方)】などの効果もあります。

この効果も【Altキー】で選択します。

8

すると、このような図形ができました。

11

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形
-, , ,

執筆者:

関連記事

スライスツールの便利な使い方【同じ大きさの画像を作成する方法】

イラストレーターで作業する時に、同じ大きさの画像をたくさん作成することもあると思います。 例えばアートボードを分割して、たくさん同じサイズのがオブジェクトを作りたいときなどです。 グリッドを表示させて …

イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法

デザインする際、罫線もアクセントのあるものがいいと思いますよね。 そんな時にオススメのものを今回はご紹介します。 イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法

イラストレーター まっすぐオブジェクトを分割したい!

  オブジェクトをパックリと分割したいときの方法です。しかも直線的にカットする方法。 この方法を知ることでどんなオブジェクト(イラスト)も 自分の好きな箇所でパックリと分割することができます …

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを出したい時にオススメです。   イラストレーターでかすれた文字を作る方法  

イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

デザインする際に、勢いを出したい時にオススメの背景の作り方を今回はご紹介します。 簡単ですので、ぜひチェックしてみてください。 イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方