7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形

超簡単!イラストレーターでオブジェクトを重ねてリアルさを再現する

投稿日:2016年8月26日 更新日:

イラストレーターでは、どんどんスタイルを重ねていくことができます。

今回は、そのやり方をご紹介します。

選択によって、無限の可能性があるので、暇な時にスタイルを試してみるといいですね。

 

イラストレーターで複数のスタイルを重ねて適用する方法

 

スポンサーリンク

 

まずは、お好みの図形を用意します。

今回は、下のような図形を用意しました。

2

そして、【グラフィックパネル】を開き、【グラフィックスタイルライブラリメニュー】をクリックします。

13

すると、下のような表示が出るので、【グラフィックスタイルライブラリを開く】をクリックします。

4

このような表示がでるので、【光彩スタイル】を表示します。

5

【光彩スタイルパネル】が出るので、お好みのスタイルを選んでください。

6

今回は、このようなスタイルを選択しました。

1

次に、パネルの下部にある右表示の▼を何回か押すと、【イメージ効果パネル】が出るので、その中から【影】を【Altキー】を押しながら選択します。

これで、先ほどの光彩スタイルに影のスタイルがプラスされました。

7

このイメージ効果には、【影(後方)】などの効果もあります。

この効果も【Altキー】で選択します。

8

すると、このような図形ができました。

11

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形
-, , ,

執筆者:

関連記事

基本的な図形の描き方をマスターしよう!

  イラストレーターをマスターすると様々な図形やグラフィックが描けるようになります。 まずは、超基本となる図形を完全にマスターしていきましょう!以下よりご説明   イラレを使った図 …

イラストレーターで線を生かしたアーティスティックな模様を出す方法

  イラストレーターでデザインをする際に使えそうな線を生かした模様を作る方法をご紹介します。 簡単なので、ポイントをつかんで、作ってみてください。   イラストレーターで線を生かし …

1分でできる!イラストレーターでドット柄、ハーフトーンを作成する方法

イラストレーターでは、簡単にドット柄を作ることができます。   しかも1分で誰でもできるようなテクニックですので 是非おぼえておくと便利ですよ^^   よく漫画で使われているハーフ …

イラレ オブジェクトを拡大する【拡大の便利な使い方】

  最もよく使うといっても過言ではない「オブジェクトの拡大」の説明です。 拡大にもやり方が何種類かあるので、覚えておきましょう!   オブジェクトを拡大する方法

イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方

イラストレーターでは、簡単に遠近感のあるイラストを作成できます。 簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方