7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形

イラレ オブジェクトを拡大する【拡大の便利な使い方】

投稿日:2011年4月4日 更新日:

 

最もよく使うといっても過言ではない「オブジェクトの拡大」の説明です。

拡大にもやり方が何種類かあるので、覚えておきましょう!

 

オブジェクトを拡大する方法

スポンサーリンク

オブジェクトの拡大方法を紹介します。

①拡大したいオブジェクトを選択します。

②拡大縮小ツールを選択し、カーソルをオブジェクトに合わせます。

③拡大・縮小ツールをオブジェクトに合わせたらクリック&ドラッグで拡大します。

※この時にshiftキーを押しながらドラッグすると比率を変えずに拡大できます。


<ワンポイントアドバイス>

 

拡大・縮小は数値でも変更できます。
ツールにある「拡大・縮小ツール」をダブルクリックすると下記のような
オプション画面がでますので、「拡大・縮小」の数値を設定すると
パーセンテージに応じたサイズに変更されます。

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形
-, ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで画像をトレースしたい時の画像配置方法

  イラストレーターで画像をトレースしたい時、そのまま配置すると、画像と線が分かりにくいですよね。   そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで画 …

イラストレーターの便利な塗りブラシツールの使い方

イラストレーターでは塗りブラシツールというツールがあります。 普通のブラシツールとは、違った塗り方なので、覚えておきましょう。 イラストレーターの便利な塗りブラシツールの使い方

イラストレーターで残像のような文字を作成する方法

イラストレーターで残像のような文字の作り方をご紹介します。
タイトルを印象的にするためにオススメの方法です。

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを出したい時にオススメです。   イラストレーターでかすれた文字を作る方法  

イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法

デザインする際、罫線もアクセントのあるものがいいと思いますよね。 そんな時にオススメのものを今回はご紹介します。 イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法