7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形

1分でできる!イラストレーターでドット柄、ハーフトーンを作成する方法

投稿日:2016年8月2日 更新日:

イラストレーターでは、簡単にドット柄を作ることができます。

 

しかも1分で誰でもできるようなテクニックですので

是非おぼえておくと便利ですよ^^

 

よく漫画で使われているハーフトーンというものをつくります。

 

イラストレーターでドット柄を作成する方法

 

スポンサーリンク

まずは、お好みの図形を配置します。

そして、【グラデーションパネル】で下のように、円形のグラデーションのある図形を作ります。

1

すると、したのような図形ができます。

2

そして、【効果】→【ピクセレート】→【カラーハーフトーン】を選択します。

100

【カラーハーフトーンパネル】では、下のような表示が出るので、今回は下のように設定しました。

3

すると、このようなドット柄ができました。

 

漫画でよく使われるハーフトーンですね。

 

これけっこう便利なので是非おぼえていってください。

4

 

応用すると、したのようなイラストも作成できます。

アメコミのようなテイストもできますし、

リキテンスタインのようなドットで表現することもできますね!

5

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで線を生かしたアーティスティックな模様を出す方法

  イラストレーターでデザインをする際に使えそうな線を生かした模様を作る方法をご紹介します。 簡単なので、ポイントをつかんで、作ってみてください。   イラストレーターで線を生かし …

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを出したい時にオススメです。   イラストレーターでかすれた文字を作る方法  

illustrator(イラレ)で棒グラフやレーダーチャートを簡単に作る方法

こちらはillustratorで以下のバージョンに対応した方法です(その他のバージョンでもほぼ同様の方法) ver8   ver9   ver10   CS   CS2   CS3   では …

イラレ オブジェクトを拡大する【拡大の便利な使い方】

  最もよく使うといっても過言ではない「オブジェクトの拡大」の説明です。 拡大にもやり方が何種類かあるので、覚えておきましょう!   オブジェクトを拡大する方法

イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法

デザインする際、罫線もアクセントのあるものがいいと思いますよね。 そんな時にオススメのものを今回はご紹介します。 イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法