*

超簡単!イラストレーターの回転ツールを使って花を書く方法

今回は超簡単にイラストレーターの回転ツールを使って

花を書く方法を今回はご紹介します。

 

一緒にリフレクトツール(反転)のテクニックも憶えられるので

必ずマスターしておいてください!

 

イラストレーターの回転ツールを使って花を書く方法

スポンサーリンク

 

まずは、ペンツールを使いやすいように、

【表示】→【グリッドを表示】を設定しておきます。

 

そして、【ペンツール】を選択し、このような形を書きます。

1

 

そして、【リフレクトツール】を選択します。

3

 

【リフレクトツール】は、【回転ツール】のアイコンを長押しすると、表示されます。

2

 

すると、上のような回転軸がでます。

これを右にもっていきます。

4

 

そして、【Shift+Altキー】を押しながら、

右にもってくると、下のようになり、一枚の花びらができます。

桜の花びらのようなイメージです。

5

このように、リフレクトツールは反対向きのシェイプを

簡単に作ることができます。

 

そして、両方のシェイプを選択した状態で、

【パスファインダーパネル】の【合体】を選択します。

6

 

すると、下のようになります。

8

次に、【回転ツール】を使います。

7

【回転ツール】をダブルクリックすると、したのようなパネルが出てきます。

今回は角度を45°に設定しました。

9

そして、回転軸を花びらの下の部分に置き、【Shift+Altキー】を押しながら、右ななめ下に移動すると、コピー&ペーストできます。

下のような感じです。

10

これを繰り返し、一周すると、このような花びらの完成です。

11

 

一枚花びらがかければ

後は、一枚ずつ回転ツールでコピーしていけば

どんな花でも簡単に作ることが出来ます。

 

関連記事

no image

1分でできる!イラストレーターでドット柄、ハーフトーンを作成する方法

イラストレーターでは、簡単にドット柄を作ることができます。   しかも1分で誰

記事を読む

no image

イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法

デザインする際、罫線もアクセントのあるものがいいと思いますよね。 そんな時にオススメのものを今

記事を読む

no image

イラストレーターでかすれたイラストを作る方法

イラストレーターでかすれたイラストを作る方法を今回は、ご紹介します。 はんこのようなテイストに

記事を読む

no image

イラストレーターで図形と図形をブレンドする方法

  イラストレーターでは、複数のオブジェクトの形状と色をブレンドすることができるブレ

記事を読む

no image

超簡単!イラストレーターでオブジェクトを重ねてリアルさを再現する

イラストレーターでは、どんどんスタイルを重ねていくことができます。 今回は、そのやり方をご紹介

記事を読む

kakudai-1

イラレ オブジェクトを拡大する【拡大の便利な使い方】

  最もよく使うといっても過言ではない「オブジェクトの拡大」の説明です。 拡大

記事を読む

no image

イラストレーターで線を生かしたアーティスティックな模様を出す方法

イラストレーターでデザインをする際に使えそうな線を生かした模様を作る方法をご紹介します。 簡単

記事を読む

no image

イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方

イラストレーターでは、簡単に遠近感のあるイラストを作成できます。 簡単なので、ぜひ覚えておきま

記事を読む

no image

イラストレーターでクラフトテープを作成する方法

イラストレーターでクラフトテープを作る方法を今回はご紹介します。 簡単なので、ぜひ覚えておきま

記事を読む

PAGE TOP ↑
金利差