7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形

イラストレーターの便利な塗りブラシツールの使い方

投稿日:2016年7月13日 更新日:

イラストレーターでは塗りブラシツールというツールがあります。

普通のブラシツールとは、違った塗り方なので、覚えておきましょう。

イラストレーターの便利な塗りブラシツールの使い方

スポンサーリンク

まずはお好きな図形を書いてください。

今回は、円を書きました。

1

そして、【塗りブラシツール】を選択し、ダブルクリックします。

2

すると、下のような【塗りブラシツールオプション】がでてきます。

サイズや角度などが設定できます。

今回は下のように設定しました。

3

設定し終えたら、その【塗りブラシツール】で先ほどの図形とつながるように、耳を書きます。

5

書いた後に、選択してみると、下のように塗った部分が全てつながっています。

このような特性が【塗りブラシツール】にはあるので、とても便利なツールと言えます。

4

 

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形

執筆者:

関連記事

イラストレーターで画像をトレースしたい時の画像配置方法

  イラストレーターで画像をトレースしたい時、そのまま配置すると、画像と線が分かりにくいですよね。   そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで画 …

イラストレーターでかすれた文字を作る方法

イラストレーターで作るかすれた文字を今回はご紹介します。 古めかしい感じやはんこのような感じを出したい時にオススメです。   イラストレーターでかすれた文字を作る方法  

イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方

イラストレーターでは、簡単に遠近感のあるイラストを作成できます。 簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方

イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

デザインする際に、勢いを出したい時にオススメの背景の作り方を今回はご紹介します。 簡単ですので、ぜひチェックしてみてください。 イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法

デザインする際、罫線もアクセントのあるものがいいと思いますよね。 そんな時にオススメのものを今回はご紹介します。 イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法