7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形

イラストレーターの便利な塗りブラシツールの使い方

投稿日:2016年7月13日 更新日:

イラストレーターでは塗りブラシツールというツールがあります。

普通のブラシツールとは、違った塗り方なので、覚えておきましょう。

イラストレーターの便利な塗りブラシツールの使い方

スポンサーリンク

まずはお好きな図形を書いてください。

今回は、円を書きました。

1

そして、【塗りブラシツール】を選択し、ダブルクリックします。

2

すると、下のような【塗りブラシツールオプション】がでてきます。

サイズや角度などが設定できます。

今回は下のように設定しました。

3

設定し終えたら、その【塗りブラシツール】で先ほどの図形とつながるように、耳を書きます。

5

書いた後に、選択してみると、下のように塗った部分が全てつながっています。

このような特性が【塗りブラシツール】にはあるので、とても便利なツールと言えます。

4

 

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形

執筆者:

関連記事

スライスツールの便利な使い方【同じ大きさの画像を作成する方法】

イラストレーターで作業する時に、同じ大きさの画像をたくさん作成することもあると思います。 例えばアートボードを分割して、たくさん同じサイズのがオブジェクトを作りたいときなどです。 グリッドを表示させて …

イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

デザインする際に、勢いを出したい時にオススメの背景の作り方を今回はご紹介します。 簡単ですので、ぜひチェックしてみてください。 イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

イラストレーターで残像のような文字を作成する方法

イラストレーターで残像のような文字の作り方をご紹介します。
タイトルを印象的にするためにオススメの方法です。

イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法

デザインする際、罫線もアクセントのあるものがいいと思いますよね。 そんな時にオススメのものを今回はご紹介します。 イラストレーターでアクセントになる罫線を作る方法

illustrator(イラレ)で棒グラフやレーダーチャートを簡単に作る方法

こちらはillustratorで以下のバージョンに対応した方法です(その他のバージョンでもほぼ同様の方法) ver8   ver9   ver10   CS   CS2   CS3   では …