7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形 illustrator 図形の描き方 illustrator 色塗編

イラストレーターで図形と図形をブレンドする方法

投稿日:2016年7月4日 更新日:

 

イラストレーターでは、複数のオブジェクトの形状と色をブレンドすることができるブレンドツールというものがあります。これは図形と図形を連続させることで、グラデーションのような色の効果も得られます。

 

例えば星形から四角形へカタチがグラデーションのように変わっていくという効果もあります。

とても楽しいツールで、使い方次第ではデザインの幅を広げることもできます。

 

簡単なので、知っておくと何かと使えると思います。

イラストレーターで図形と図形をブレンドしてグラデーションを作る

スポンサーリンク

まずは、お好きな図形を用意してください。

1

今回は緑の円とオレンジ色の星を配置しました。

その図形を2つも選択した状態で、【ブレンドツールボタン】をダブルクリックします。

5

そして、ショートカットの【Ctrl+alt+B】キーを押すことで、ブレンドが作成されます。

(Macの場合のショートカットはcommand+alt+B)

もしくは【オブジェクト】→【ブレンド】→【作成】でも作成されます。

作成すると、このように色と形がブレンドされます。

4

これはデフォルトのスムーズカラーが適用された状態です。

6

この他にも、ステップ数を変えることで、好きなようにブレンドすることができます。

7

8

ステップ数を3にすると、このようになります。

2

また、図形の色を変えたくなった時は、その図形をダブルクリックし、編集モードにすることで、後からの色の変更も可能です。

2

緑の円を黄色に変更しました。

3

また、ブレンドの間の線を【ペンツール】で【altキー】を押しながら、変形すると、配置を好きなように変えることも可能です。

9

 

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形, illustrator 図形の描き方, illustrator 色塗編
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

イラレ 線パレットの基本1

  線を引くときに「線パレット」の機能でどんな事ができるのか?を知っておくと細かい部分で作業クオリティが上がります。今回はその解説をやっていきます。   線パレットの使い方

グラデーションを自由な角度で入れてリアル感をアップさせよう

グラデーションを一定の方向から入れるだけでなく 斜めから入れてみたり、自由な角度でグラデーションを 表現することで、表現にリアリティーがでてきます。   以下の画像で説明している方法で、自由 …

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう2 パーツ作製編

  1回目までの大枠はできましたか?ここからは更に細かいパーツの作り方を解説します。 頑張って完成させましょう!   アバター作製方法2

【直線ツールで地図も描ける】イラストレーターで簡単に線路を引く方法

チラシやホームページに地図を作成することがでてくるかもしれません。 そんなとき、イラストレーターの直線ツールを使いながら 超簡単に初心者さんでも線路を引く方法をご紹介します。   直線ツール …

イラストレーターでクラフトテープを作成する方法

イラストレーターでクラフトテープを作る方法を今回はご紹介します。 簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターでクラフトテープを作成する方法