7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形

イラストレーターでかすれたイラストを作る方法

投稿日:2016年7月28日 更新日:

イラストレーターでかすれたイラストを作る方法を今回は、ご紹介します。

はんこのようなテイストになるので、そういった雰囲気を出したい時はオススメです。

 

イラストレーターでかすれたイラストを作る方法

 

スポンサーリンク

 

まずは、お好みのイラストを配置します。

1

そして、【ブラシツール】を選択します。

1

次に、上部にあるブラシ選択パネルの【ブラシライブラリメニュー】をクリックし、【アート】→【アート・木炭_鉛筆】から、お好みのブラシを選びます。

今回は下のようなブラシを選びました。

12

そして、イラストの上をブラシでかすりをだすように書きます。

2

そして、ブラシで書いたものを【オブジェクト】→【アピアランスを分割】します。

この【アピアランス】とは、 外観、外見、容姿、見かけという意味があります。

ブラシで書いたものを選択すると分かる通り、ブラシの実際のパスはただの横に書かれた線です。

それを、【アピアランスを分割】で、パスを実際のブラシの形に変えることができます。

 

さらに、今度はブラシで書いたものを【オブジェクト】→【複合パス】→【作成】を行います。

これは、後で、パスファインダーで型抜きをする際、複合パスと複合パス同士でないと、きちんと型抜きできないためです。

同様に、最初に置いたイラストも【オブジェクト】→【複合パス】→【作成】を行います。

そして、最初に置いたイラストと、ブラシで書いたものを両方選択し、【パスファインダーパネル】の【前面オブジェクトで型抜き】を行います。

12

すると、このようになります。

13

塗りに色をつけると完成です。

14

 

また、イラストによっては、複合パスを作成すると、下のように穴があいたようになる場合があります。

その時は、【Ctrl+Zキー】で戻して、まずイラストの修正を行います。

3

左が元のイラストで、右が複合パスを作成後です。

こういう場合は、元のイラストを【パスファインダー】で【合体】させてから複合パスを行うと、上手くいきます。

5

また、上のような複雑なものの場合、すぐに分かる部分は、【パスファインダー】の【合体】や【前面オブジェクトで型抜き】などを行い、シェイプをまとめていきます。

分からない場合は、シェイプ1つ1つを【複合パス】にします。

そして、その都度複合パスしたブラシで【前面オブジェクトで型抜き】を行います。

15

上の画像では、船の最下層の部分を型抜きしています。

16

次に船の真ん中部分を型抜きしています。

17

最後に船の上部を型抜きしています。

そして、色をカラフルにすると、下のようなかすれたイラストの完成です。

18

 

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形
-, , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで図形と図形をブレンドする方法

  イラストレーターでは、複数のオブジェクトの形状と色をブレンドすることができるブレンドツールというものがあります。これは図形と図形を連続させることで、グラデーションのような色の効果も得られ …

イラストレーターで線を生かしたアーティスティックな模様を出す方法

  イラストレーターでデザインをする際に使えそうな線を生かした模様を作る方法をご紹介します。 簡単なので、ポイントをつかんで、作ってみてください。   イラストレーターで線を生かし …

1分でできる!イラストレーターでドット柄、ハーフトーンを作成する方法

イラストレーターでは、簡単にドット柄を作ることができます。   しかも1分で誰でもできるようなテクニックですので 是非おぼえておくと便利ですよ^^   よく漫画で使われているハーフ …

イラレ 一部だけ角丸を適用したい

  四角いオブジェクトを作ったときに、一部だけ角丸にしたい時ってありますよね。 全部を角丸にする事はとっても楽なのですが、一部だけ角丸にしたい!そんな方法を紹介します。   図形の …

イラストレーターの便利な塗りブラシツールの使い方

イラストレーターでは塗りブラシツールというツールがあります。 普通のブラシツールとは、違った塗り方なので、覚えておきましょう。 イラストレーターの便利な塗りブラシツールの使い方