7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator整列

イラストレーターで文章や画像をキレイに並べる方法

投稿日:

 

文章や画像をキレイに並べることで、見やすさが格段にUPします。

文字の間隔や高さ、列の段数などを綺麗に揃える方法をお伝えします。

 

地元の新聞や広告、ホームページなど印刷物は、特に求められることなので

覚えておいて損はないはずです。

 

文章や画像をキレイに整列させたり、縦横きれいに並べる方法

 

スポンサーリンク

 

まずは、文章を配置したい部分に四角いオブジェクトをおきます。

1

【オブジェクト】→【パス】→【段組設定】を開きます。

3

そして、行の段数、高さ、間隔と、列の段数、幅、間隔を設定します。

ガイドを追加すると、さらに分かりやすくなるので、お好みでつけてもよいです。

2

このようになります。

ここに【エリア内文字ツール】で文章を流し込みます。

流し込むと、1つの枠に入りきらなくなるので、【選択ツール】で、赤い【+】マークをクリックします。

すると、マークが変わるので、次の枠の上でクリックすると、残りの文章が流し込まれます。

それをどんどん繰り返していきます。

5

 

次は、画像を挿入してみます。

先ほどの手順で、3×4のマスを作りました。

9

まず、同様の方法で文章を流し込みます。

13

10

四角のマスの上に画像を置きます。

画像を【Shift+Ctrl+[キー】で最背面に置きます。

11

そして、四角のマスと画像を【選択ツール】で両方とも選択します。

そして、右クリックをすると、上のような表示がでるので、【クリッピングマスクを作成】を行います。

12

すると、このように画像が配置できました。

 

PR

PR

-illustrator整列
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

【illustrator 整列】イラレの整列の便利な使い方 

  意外と知らない「整列」のコツをお伝えします。 プロでも意外と知らずに使っている事があるので、ここで勉強しておきましょう。   イラレの整列の便利な使い方