7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 図形の描き方

イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法

投稿日:2017年1月10日 更新日:

イラストレーターで線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法をご紹介します。

普通のボーダーじゃないものをと、思っている時にオススメです。

イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法

スポンサーリンク

まずは、1pxの直線と、間を開けて真下に5pxの直線を引きます。

1

そして、【オブジェクト】→【ブレンド】→【ブレンドオプション】を選択します。

すると、下のパネルが表示されるので、このように設定します。

2

これで、線幅の違うボーダーが完成です。

設定や最初の線の幅をお好みで変えると、様々なボーダーができるかと思います。

3

また、このボーダーに色を付け、【スウォッチパネル】の横に持って行き、【スウォッチパネル】上に持っていくと、パターンとしても登録できます。

その際は、最初に置く最初の線と、最後の線までの幅までが繰り返されるので、注意しましょう。

5

このパターンを使うと、したのような模様の星型もつくれます。

6

PR

PR

-illustrator 図形の描き方

執筆者:

関連記事

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう3 完成編

  さぁいよいよ完成間近!ここまでは大丈夫ですか?わからない事があればコメント下さい! 早速いきましょう!   簡単!アバター作製方法

【ペンツール不要!?】ライブトレースの使い方

ライブトレースとは、写真やスキャンした線画からパスを作成する機能です。 スキャンしたイラストをそのまま線として表せるので、イラスト作成などに役立てることができます。 1.画像を用意する まず、イラスト …

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう1 輪郭編

  簡単な図形を応用して、オリジナルキャラや自分のアバターを作ってみよう!という企画です。   ここでは、シンプルなアフロキャラの作り方を説明します。   アバター作製方 …

イラストレーターで画像をトレースしたい時の画像配置方法

  イラストレーターで画像をトレースしたい時、そのまま配置すると、画像と線が分かりにくいですよね。   そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで画 …

イラストレーターのシンボルツールの使い方

イラストレーターには、シンボルツールというものがあり、すでに登録されているものだけでもたくさんあるので、使ってみることをオススメします。 今まで使うたびに作っていた、なんてシンボルもあるかもしれないで …