7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 図形の描き方

イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法

投稿日:2017年1月10日 更新日:

イラストレーターで線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法をご紹介します。

普通のボーダーじゃないものをと、思っている時にオススメです。

イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法

スポンサーリンク

まずは、1pxの直線と、間を開けて真下に5pxの直線を引きます。

1

そして、【オブジェクト】→【ブレンド】→【ブレンドオプション】を選択します。

すると、下のパネルが表示されるので、このように設定します。

2

これで、線幅の違うボーダーが完成です。

設定や最初の線の幅をお好みで変えると、様々なボーダーができるかと思います。

3

また、このボーダーに色を付け、【スウォッチパネル】の横に持って行き、【スウォッチパネル】上に持っていくと、パターンとしても登録できます。

その際は、最初に置く最初の線と、最後の線までの幅までが繰り返されるので、注意しましょう。

5

このパターンを使うと、したのような模様の星型もつくれます。

6

PR

PR

-illustrator 図形の描き方

執筆者:

関連記事

やじるしと曲線やじるしの作成

Illustratorでのやじるしの作成の仕方をご説明します。 photoshopでは、図形ツールにやじるしが入っていたりしますが、Illustratorでは線から作成します。 いろいろな方法がありま …

3Dの図形を作成してみよう

Illustratorは平面のイラストだけ作成できるだけではありません。 3D効果もつけることができます。デザインを立体的に見せたい場合は、こちらの効果が便利です。 3Dツールを使用しなくても簡単に陰 …

LINEスタンプに使える手書きイラストをイラストレーターでベクター化する方法

イラストレーターでも手書きのイラストをベクター化(データ化)することができます。 とても簡単なので、オススメです。 例えばLINEのスタンプを作る時などに使える手法です。 実際にイラスト画像を使いなが …

イラストレーターで四角形を使ってデジタル文字を作る方法

印象的なロゴにする際にオススメの四角形で文字を作る方法をご紹介します。 きれいに並べることがポイントです。   イラストレーターで四角形を使って文字を作る方法  

イラストレーターを使う際に便利なスムーズツールの使い方

  イラストレーターでパスをひく際に、便利なスムーズツールをご紹介します。 なめらかな線にしたい時にオススメです。   イラストレーターを使う際に便利なスムーズツールの使い方