7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形 illustrator 図形の描き方

イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

投稿日:2017年1月10日 更新日:

デザインする際に、勢いを出したい時にオススメの背景の作り方を今回はご紹介します。

簡単ですので、ぜひチェックしてみてください。

イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

スポンサーリンク

まず、【スターツール】を選択します。

ない場合は、【長方形ツール】を長押しすると、でてきます。

17

選択状態で、アートボード上をクリックすると、下のようなパネルがでてきます。

そして、下のように設定します。

18

すると、下のような図形ができます。

19

設定は変えますが、同様のことを後2回繰り返します。

2回目の設定は、下のようにしました。

中心点は、同じ場所にしてください。

20

3つめの設定は下の通りです。

22

すると、3つの図形がかさなったものができます。

これを、【Ctrl+Aキー】で全選択し、【オブジェクト】→【複合パス】→【作成】をします。

21

そして、【グラデーションパネル】を開き下のように設定して、グラデーションをつけます。

23

すると、下のようなスピード感のある背景ができます。

26

文字をのせて色をつけると、こんな感じです。

27

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形, illustrator 図形の描き方

執筆者:

関連記事

イラレ オブジェクトを拡大する【拡大の便利な使い方】

  最もよく使うといっても過言ではない「オブジェクトの拡大」の説明です。 拡大にもやり方が何種類かあるので、覚えておきましょう!   オブジェクトを拡大する方法

イラストレーターで残像のような文字を作成する方法

イラストレーターで残像のような文字の作り方をご紹介します。
タイトルを印象的にするためにオススメの方法です。

イラストレーターでかすれたイラストを作る方法

イラストレーターでかすれたイラストを作る方法を今回は、ご紹介します。 はんこのようなテイストになるので、そういった雰囲気を出したい時はオススメです。   イラストレーターでかすれたイラストを …

スライスツールの便利な使い方【同じ大きさの画像を作成する方法】

イラストレーターで作業する時に、同じ大きさの画像をたくさん作成することもあると思います。 例えばアートボードを分割して、たくさん同じサイズのがオブジェクトを作りたいときなどです。 グリッドを表示させて …

イラストレーターで画像をトレースしたい時の画像配置方法

  イラストレーターで画像をトレースしたい時、そのまま配置すると、画像と線が分かりにくいですよね。   そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで画 …