7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 図形の描き方

イラストレーターのシンボルツールの使い方

投稿日:

イラストレーターには、シンボルツールというものがあり、すでに登録されているものだけでもたくさんあるので、使ってみることをオススメします。

今まで使うたびに作っていた、なんてシンボルもあるかもしれないですよ。

イラストレーターのシンボルツールの使い方

スポンサーリンク

【ウィンドウ】→【シンボル】で、【シンボルパネル】を開きます。

もしくは、【ブラシパネル】の横にあるかと思います。

2

すると、下のようなパネルがでるので、左下の【シンボルライブラリメニュー】をクリックします。

6

すると、シンボルには下のようにたくさんのシンボルがすでに登録されています。

バージョンによって、違いはあると思いますが、一度全てチェックしてみると、使いたいシンボルを発見できるかもしれません。

3

そして、シンボルを実際に使うときは、【シンボルスプレーツール】を選択します。

1

一度クリックすると、下のように1つのシンボルが表示されます。

ドラッグしながら移動すると、自由に複数を配置できます。

既に登録されているシンボルには、買物ボタンなどたくさんのボタンもあります。

4

また、組織表なども登録されています。

5

他にもシンボルはたくさんあるので、いろいろ試してみてくださいね。

 

PR

PR

-illustrator 図形の描き方
-, ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法

イラストレーターで線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法をご紹介します。 普通のボーダーじゃないものをと、思っている時にオススメです。 イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方 …

イラレ 線パレットの基本1

  線を引くときに「線パレット」の機能でどんな事ができるのか?を知っておくと細かい部分で作業クオリティが上がります。今回はその解説をやっていきます。   線パレットの使い方

illustrator(イラストレーター)の柄の作り方、スウォッチパターンの仕組みを知る

  まずはYouTubeの動画をご覧ください。 非常にわかりやすいです。 今日は意外と難しいイラストレーターで柄やパターンを作るときの仕組みを勉強しましょう♪   サンプルとしてダ …

イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

デザインする際に、勢いを出したい時にオススメの背景の作り方を今回はご紹介します。 簡単ですので、ぜひチェックしてみてください。 イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

イラストレーターで四角形を使ってデジタル文字を作る方法

印象的なロゴにする際にオススメの四角形で文字を作る方法をご紹介します。 きれいに並べることがポイントです。   イラストレーターで四角形を使って文字を作る方法