7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形 illustrator 便利なテクニック illustrator 図形の描き方

イラストレーターで画像をトレースしたい時の画像配置方法

投稿日:2017年1月23日 更新日:

 

イラストレーターで画像をトレースしたい時、そのまま配置すると、画像と線が分かりにくいですよね。

 

そんな時にオススメの方法をご紹介します。

 

イラストレーターで画像をトレースしたい時の画像配置方法

 

スポンサーリンク

 

まずは、【ファイル】→【配置】で画像を配置します。

もしくは、【Shift+Ctrl+Pキー】でも配置されます。

すると、画像選択の際に、下のような表示がでます。

その中の【テンプレート】を選択します。

1

すると、普通より薄く配置されます。

3

下の元の画像と比べると、よく分かります。

4

また、【レイヤーパネル】では、下のような表示になっています。

もし、画像をもっと薄くしたい時は、【レイヤーパネル】の右上のマークをクリックします。

2

すると、下のような【○○○のオプション】という表示が出てくるので、それを選択します。

6

【レイヤーオプション】が表示されるので、【画像の表示濃度】を低くします。

7

すると、下の画像のように、さらに薄く表示されます。

トレースをするとこんな感じです。

5

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形, illustrator 便利なテクニック, illustrator 図形の描き方
-, , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターのシンボルツールの使い方

イラストレーターには、シンボルツールというものがあり、すでに登録されているものだけでもたくさんあるので、使ってみることをオススメします。 今まで使うたびに作っていた、なんてシンボルもあるかもしれないで …

イラレ オブジェクトを拡大する【拡大の便利な使い方】

  最もよく使うといっても過言ではない「オブジェクトの拡大」の説明です。 拡大にもやり方が何種類かあるので、覚えておきましょう!   オブジェクトを拡大する方法

スウォッチに色を登録してみよう

スウォッチパネルの機能の説明が済んだところで、実践的にスウォッチの機能を使ってみましょう。 【新規の色を登録する】 1.カラーパネルとスウォッチパネルを開く ・ウインドウ>カラー → カラーパネル ・ …

イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方

イラストレーターでは、簡単に遠近感のあるイラストを作成できます。 簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターの遠近グリッドツールの使い方

イラストレーターのシンボルツールを編集する方法

イラストレーターに登録されているシンボルツールを使いたいけど、ちょっと編集したいと思う時があると思います。
そんなときのやり方をご紹介します。