7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 図形の描き方 イラスト LINEスタンプ

イラストレーターで四角形を使ってデジタル文字を作る方法

投稿日:2016年9月1日 更新日:

印象的なロゴにする際にオススメの四角形で文字を作る方法をご紹介します。

きれいに並べることがポイントです。

 

イラストレーターで四角形を使って文字を作る方法

 

スポンサーリンク

 

まず、四角形を置きます。

2

【オブジェクト】→【パス】→【段組設定】から、行と列の段数をお好みで設定します。

1

すると、下のような図ができます。

3

そして、【シアーツール】を選択します。

【縮小・拡大ツール】を長押しすると、【シアーツール】が出てきます。

 

7

このツールを使って、お好みでななめにすると下のようになります。

6

そして、文字の形に塗りをいれていきます。

8

いらないところは、消去します。

そして、向きの違う四角形は、【リフレクトツール】で向きを反対にします。

【リフレクトツール】は、【回転ツール】を長押しすると出てきます。

9

だいたいできあがったら、いらないマスを消したり、微調整します。

微調整する際は、【Shiftキー+矢印キー】を使うなどして、間隔を統一するときれいに見えます。

4

これで、完成でもよいですが、今回は、さらに丸みを付け加えていきます。

【ダイレクト選択ツール】を選択します。

10

丸みを出したい部分の角を一度クリックします。

すると、下のようになります。

11

角から内側へドラッグしながら、持って行くと下のように丸みがでます。

12

すると、したのような文字ができます。

5

 

PR

PR

-illustrator 図形の描き方, イラスト LINEスタンプ
-, , ,

執筆者:

関連記事

【直線ツールで地図も描ける】イラストレーターで簡単に線路を引く方法

チラシやホームページに地図を作成することがでてくるかもしれません。 そんなとき、イラストレーターの直線ツールを使いながら 超簡単に初心者さんでも線路を引く方法をご紹介します。   直線ツール …

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう1 輪郭編

  簡単な図形を応用して、オリジナルキャラや自分のアバターを作ってみよう!という企画です。   ここでは、シンプルなアフロキャラの作り方を説明します。   アバター作製方 …

illustrator(イラストレーター)の柄の作り方、スウォッチパターンの仕組みを知る

  まずはYouTubeの動画をご覧ください。 非常にわかりやすいです。 今日は意外と難しいイラストレーターで柄やパターンを作るときの仕組みを勉強しましょう♪   サンプルとしてダ …

楕円形ツール、多角形ツールで簡単なネコを描いてみる

  楕円形ツールや多角形ツールなど基本ツールだけで、超単純なネコを描いてみましょう。 とっても単純な図形をつかった猫の絵なので、クオリティはあまり気にしないでいきます。 あくまでも練習という …

イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法

イラストレーターで線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法をご紹介します。 普通のボーダーじゃないものをと、思っている時にオススメです。 イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方 …