7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 図形の描き方 イラスト LINEスタンプ

イラストレーターで四角形を使ってデジタル文字を作る方法

投稿日:2016年9月1日 更新日:

印象的なロゴにする際にオススメの四角形で文字を作る方法をご紹介します。

きれいに並べることがポイントです。

 

イラストレーターで四角形を使って文字を作る方法

 

スポンサーリンク

 

まず、四角形を置きます。

2

【オブジェクト】→【パス】→【段組設定】から、行と列の段数をお好みで設定します。

1

すると、下のような図ができます。

3

そして、【シアーツール】を選択します。

【縮小・拡大ツール】を長押しすると、【シアーツール】が出てきます。

 

7

このツールを使って、お好みでななめにすると下のようになります。

6

そして、文字の形に塗りをいれていきます。

8

いらないところは、消去します。

そして、向きの違う四角形は、【リフレクトツール】で向きを反対にします。

【リフレクトツール】は、【回転ツール】を長押しすると出てきます。

9

だいたいできあがったら、いらないマスを消したり、微調整します。

微調整する際は、【Shiftキー+矢印キー】を使うなどして、間隔を統一するときれいに見えます。

4

これで、完成でもよいですが、今回は、さらに丸みを付け加えていきます。

【ダイレクト選択ツール】を選択します。

10

丸みを出したい部分の角を一度クリックします。

すると、下のようになります。

11

角から内側へドラッグしながら、持って行くと下のように丸みがでます。

12

すると、したのような文字ができます。

5

 

PR

PR

-illustrator 図形の描き方, イラスト LINEスタンプ
-, , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターのシンボルツールの使い方

イラストレーターには、シンボルツールというものがあり、すでに登録されているものだけでもたくさんあるので、使ってみることをオススメします。 今まで使うたびに作っていた、なんてシンボルもあるかもしれないで …

LINEスタンプに使える手書きイラストをイラストレーターでベクター化する方法

イラストレーターでも手書きのイラストをベクター化(データ化)することができます。 とても簡単なので、オススメです。 例えばLINEのスタンプを作る時などに使える手法です。 実際にイラスト画像を使いなが …

イラレ 線パレットの基本1

  線を引くときに「線パレット」の機能でどんな事ができるのか?を知っておくと細かい部分で作業クオリティが上がります。今回はその解説をやっていきます。   線パレットの使い方

イラストレーターで画像をトレースしたい時の画像配置方法

  イラストレーターで画像をトレースしたい時、そのまま配置すると、画像と線が分かりにくいですよね。   そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで画 …

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう2 パーツ作製編

  1回目までの大枠はできましたか?ここからは更に細かいパーツの作り方を解説します。 頑張って完成させましょう!   アバター作製方法2