7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 図形の描き方

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう3 完成編

投稿日:2011年3月20日 更新日:

 

さぁいよいよ完成間近!ここまでは大丈夫ですか?わからない事があればコメント下さい!

早速いきましょう!

 

簡単!アバター作製方法

スポンサーリンク

3.キャラクターを完成させていきます。

①作っておいた輪郭に、パーツを配置していきます。

アフロヘアーの上に輪郭をのせます。
イメージ画像

②先ほど作っておいたパーツ類を顔の上に配置していきます。
イメージ画像

③目を少したれ目にしたいので目を選択しておいて「回転ツール」にきりかえて
目の角度を調整します。(両目おこないます)
イメージ画像

④口ひげを「ペンツール」でつくります。
ガイドを中心に、ペンツールでヒゲの形を作り、片方できたら反転コピーさせます。
反転するときは「リフレクトツール」で行います。
イメージ画像

⑤前髪をつくります。
アフロヘアーを作った時同様に、楕円形をつくります。
次に「アンカーポイントの追加」で円にポイントを追加していきます。
ある程度アンカーポイントを追加できたら
「フィルタ」→「パスの変形」→「パンク・膨張」を実行します。
イメージ画像

 


以上で、オリジナルキャラの完成です。
今回紹介したアフロキャラは、承知の通りあくまでもサンプルですので
これを参考にして頂いて、イラストレーターに慣れてきたら
自分自身のアバターを作ってみると楽しいですよ。
イメージ画像

PR

PR

-illustrator 図形の描き方
-, ,

執筆者:

関連記事

楕円形ツール、多角形ツールで簡単なネコを描いてみる

  楕円形ツールや多角形ツールなど基本ツールだけで、超単純なネコを描いてみましょう。 とっても単純な図形をつかった猫の絵なので、クオリティはあまり気にしないでいきます。 あくまでも練習という …

イラストレーターで画像をトレースしたい時の画像配置方法

  イラストレーターで画像をトレースしたい時、そのまま配置すると、画像と線が分かりにくいですよね。   そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで画 …

イラストレーターのシンボルツールの使い方

イラストレーターには、シンボルツールというものがあり、すでに登録されているものだけでもたくさんあるので、使ってみることをオススメします。 今まで使うたびに作っていた、なんてシンボルもあるかもしれないで …

イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法

イラストレーターで線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法をご紹介します。 普通のボーダーじゃないものをと、思っている時にオススメです。 イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方 …

イラストレーターで図形と図形をブレンドする方法

  イラストレーターでは、複数のオブジェクトの形状と色をブレンドすることができるブレンドツールというものがあります。これは図形と図形を連続させることで、グラデーションのような色の効果も得られ …