7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 図形の描き方

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう2 パーツ作製編

投稿日:2011年3月20日 更新日:

 

1回目までの大枠はできましたか?ここからは更に細かいパーツの作り方を解説します。

頑張って完成させましょう!

 

アバター作製方法2

スポンサーリンク

2回目 パーツを作りましょう。

①目をつくりましょう。
目は「楕円形ツール」で白目の部分と黒目の部分を作って組み合わせるだけです。
イメージ画像

②口は「楕円形ツール」で楕円形と正円をかさねて、全選択し「複合パス」を作製します。
※複合パスはcommand+8でショートカットできます。

例では、口の色はC=39 M=64 Y=93 K=36で設定しています。
イメージ画像

③鼻は「多角形ツール」で小さめの三角形を作ります。
多角形ツールのオプションで辺の数を「3」に設定すれば三角形ができます。

つぎに画面上部メニューの「フィルタ」→「スタライズ」→「角をまるくする」を適用して
角丸の鼻を作ります。
イメージ画像

④眉毛をつくります。
「角丸長方形ツール」で下図のような角丸の長方形をつくります。
赤丸と緑の丸で囲ってある箇所をはさみツールでカットして
余分な部分を削除すれば眉毛のできあがりです。
イメージ画像

⇒つづいて完成編はこちら

 

 

PR

PR

-illustrator 図形の描き方
-,

執筆者:

関連記事

no image

イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

デザインする際に、勢いを出したい時にオススメの背景の作り方を今回はご紹介します。 簡単ですので、ぜひチェックしてみてください。 イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

楕円形ツール、多角形ツールで簡単なネコを描いてみる

  楕円形ツールや多角形ツールなど基本ツールだけで、超単純なネコを描いてみましょう。 とっても単純な図形をつかった猫の絵なので、クオリティはあまり気にしないでいきます。 あくまでも練習という …

no image

イラストレーター ブラシツールで好きな柄を登録する簡単な方法

イラストレーターのブラシには、すでに登録されたものがたくさんありますが、 自分でもオリジナルの散布ブラシを登録することがきます。   後々も使えるようオリジナルブラシを貯めて、デザインの幅を …

イラストレーターのシンボルツールの使い方

イラストレーターには、シンボルツールというものがあり、すでに登録されているものだけでもたくさんあるので、使ってみることをオススメします。 今まで使うたびに作っていた、なんてシンボルもあるかもしれないで …

no image

イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法

イラストレーターで線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法をご紹介します。 普通のボーダーじゃないものをと、思っている時にオススメです。 イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方 …