7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 図形の描き方 イラスト LINEスタンプ

LINEスタンプに使える手書きイラストをイラストレーターでベクター化する方法

投稿日:2016年7月5日 更新日:

イラストレーターでも手書きのイラストをベクター化(データ化)することができます。

とても簡単なので、オススメです。

例えばLINEのスタンプを作る時などに使える手法です。

実際にイラスト画像を使いながら解説していきますね。

 

手書きイラストを作りたいときにはぜひ挑戦してみてください。

手書きの絵をイラストレーターにデータ変換する方法

スポンサーリンク

1

まずはお好きなイラストを白い紙に、線がわかりやすいように黒ペンで書きます。

下手な絵ですみません。

多少下書きが残っていても大丈夫です。

これをパソコンに取り込み、イラストレーターで開きます。

9

画像を選択した状態で、【画面トレース】ボタンをクリックします。

すると、下のようになります。

3

今回は、デフォルトの状態でトレースして、ちょうどよい線のイラストがトレースできましたが、薄かったり、濃かったりした場合は、【画像トレースボタン】をクリックして、【画像トレースパネル】で調整します。

しきい値を動かすことで、調整できます。

10

また、プリセットを写真にすると、また違ったトレースになります。

2

8

トレースが終わったら、【拡張】ボタンを押して、ベクター化します。

11

すると、このように、ベクター化され、イラストレーターで編集しやすくなります。

5

ペンツールで微調整したり、塗りを変更して、色を付けることもできます。

色付けの場合は、手書きで書く段階で、線をしっかり閉じて、シェイプが作られるようにイラストを書くと、塗り分けがしやすいです。

6

 

PR

PR

-illustrator 図形の描き方, イラスト LINEスタンプ
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

【ペンツール不要!?】ライブトレースの使い方

ライブトレースとは、写真やスキャンした線画からパスを作成する機能です。 スキャンしたイラストをそのまま線として表せるので、イラスト作成などに役立てることができます。 1.画像を用意する まず、イラスト …

イラストレーターで図形と図形をブレンドする方法

  イラストレーターでは、複数のオブジェクトの形状と色をブレンドすることができるブレンドツールというものがあります。これは図形と図形を連続させることで、グラデーションのような色の効果も得られ …

illustrator(イラストレーター)の柄の作り方、スウォッチパターンの仕組みを知る

  まずはYouTubeの動画をご覧ください。 非常にわかりやすいです。 今日は意外と難しいイラストレーターで柄やパターンを作るときの仕組みを勉強しましょう♪   サンプルとしてダ …

アドビ イラストレーターが無料で使える方法とまとめ

  アドビイラストレーターのソフトがマジで無料で使える!   そんなオイシイ話あるのかよ!   ってあるんです!   今日はそのダウンロード方法をご紹介♪ &n …

イラレ 線パレットの基本1

  線を引くときに「線パレット」の機能でどんな事ができるのか?を知っておくと細かい部分で作業クオリティが上がります。今回はその解説をやっていきます。   線パレットの使い方