*

LINEスタンプに使える手書きイラストをイラストレーターでベクター化する方法

イラストレーターでも手書きのイラストをベクター化(データ化)することができます。

とても簡単なので、オススメです。

例えばLINEのスタンプを作る時などに使える手法です。

実際にイラスト画像を使いながら解説していきますね。

 

手書きイラストを作りたいときにはぜひ挑戦してみてください。

手書きの絵をイラストレーターにデータ変換する方法

スポンサーリンク

1

まずはお好きなイラストを白い紙に、線がわかりやすいように黒ペンで書きます。

下手な絵ですみません。

多少下書きが残っていても大丈夫です。

これをパソコンに取り込み、イラストレーターで開きます。

9

画像を選択した状態で、【画面トレース】ボタンをクリックします。

すると、下のようになります。

3

今回は、デフォルトの状態でトレースして、ちょうどよい線のイラストがトレースできましたが、薄かったり、濃かったりした場合は、【画像トレースボタン】をクリックして、【画像トレースパネル】で調整します。

しきい値を動かすことで、調整できます。

10

また、プリセットを写真にすると、また違ったトレースになります。

2

8

トレースが終わったら、【拡張】ボタンを押して、ベクター化します。

11

すると、このように、ベクター化され、イラストレーターで編集しやすくなります。

5

ペンツールで微調整したり、塗りを変更して、色を付けることもできます。

色付けの場合は、手書きで書く段階で、線をしっかり閉じて、シェイプが作られるようにイラストを書くと、塗り分けがしやすいです。

6

 

関連記事

afulo16

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう2 パーツ作製編

  1回目までの大枠はできましたか?ここからは更に細かいパーツの作り方を解説します。

記事を読む

neko11

楕円形ツール、多角形ツールで簡単なネコを描いてみる

  楕円形ツールや多角形ツールなど基本ツールだけで、超単純なネコを描いてみましょう。

記事を読む

1

イラストレーターのシンボルツールの使い方

イラストレーターには、シンボルツールというものがあり、すでに登録されているものだけでもたくさんあるの

記事を読む

dubleclick4

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう3 完成編

  さぁいよいよ完成間近!ここまでは大丈夫ですか?わからない事があればコメント下さい

記事を読む

no image

イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

デザインする際に、勢いを出したい時にオススメの背景の作り方を今回はご紹介します。 簡単ですので

記事を読む

no image

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法を今回はご紹介します、 オリジナルの枠が

記事を読む

neko1

基本的な図形の描き方をマスターしよう!

  イラストレーターをマスターすると様々な図形やグラフィックが描けるようになります。

記事を読む

no image

イラストレーター ブラシツールで好きな柄を登録する簡単な方法

イラストレーターのブラシには、すでに登録されたものがたくさんありますが、 自分でもオリジナルの

記事を読む

no image

【直線ツールで地図も描ける】イラストレーターで簡単に線路を引く方法

チラシやホームページに地図を作成することがでてくるかもしれません。 そんなとき、イラストレータ

記事を読む

afulo19

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう1 輪郭編

  簡単な図形を応用して、オリジナルキャラや自分のアバターを作ってみよう!という企画

記事を読む

PAGE TOP ↑
金利差