7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator オブジェクトの変形 illustrator 便利なテクニック illustrator 図形の描き方

エンベローブの作成でアーチ型のロゴを作ろう

投稿日:2018年1月7日 更新日:

エンベローブは、文字や図形を円弧状に変形する機能です。通常はまっすぐにしかかけないテキストや図形もメッシュポイントを使用することで、自由自在に変形することができます。
エンベローブの変形は、「ワープで作成」、「メッシュで作成」「最前面のオブジェクトで作成」の3種類から選ぶことができます。
まずは、ワープで作成する方法から説明します。

【ワープで作成する】

1.変更したい図形を選択する
まずは、変形したい図形を用意します。

変形したい図形を選択し、オブジェクト>エンベローブ>ワープで作成を選択します。

2.ワープオプションを設定する

作成をクリックすると、ワープオプションが表示されます。

・スタイル:15種類の変更するスタイルを選択
・カーブ:変形の大きさを設定
・変形:横方向・縦方向の変形の度合いを設定

プレビューにチェックをかけるとプレビューを見ながら調整できるので、チェックをかけて好きな形に変更しましょう。

【メッシュで作成】
メッシュで作成するは、メッシュポイントを追加することで、ダイレクト選択ツールで手動で変形することができます。

1.画像を選択し、メッシュで作成を選択
まずは、先ほどの手順と同じように、図形を全て選択し、オブジェクト>エンベローブ>メッシュで作成を選択します。

2.エンベローブメッシュの設定

作成を押すと、エンベローブメッシュの作成の設定が表示されます。
こちらで、メッシュポイントを追加することができます。

・行数/列数:メッシュポイントの数を設定

3.ダイレクト選択ツールでメッシュの変形

ダイレクトメッシュツールでメッシュポイントの変更ができるようになります。

ツールでポイントを変更すると図形も変更されます。

【最前面オブジェクトで作成】
変形する形状が決まっている場合、「最前面のオブジェクトで作成」を使えば、前面に配置した図形の形状に変形することができます。

1.変形したい形の図形を作成

まずは、変形したい形の図形を作成します。

2.「最前面のオブジェクトで作成」

図形を全て選択し、オブジェクト>エンベローブ>最前面のオブジェクトで作成を選択します。

すると簡単に図形が変更できます。

PR

PR

-illustrator オブジェクトの変形, illustrator 便利なテクニック, illustrator 図形の描き方

執筆者:

関連記事

初心者が簡単に素敵なカッコいい名刺やカードを作る方法

    以前お伝えした名刺の作り方はこちらも参照ください。   今回は名刺サイズのプリントアウトの設定からはじめます。 その後ロゴを作ります。 まずは名刺の用紙を用意しま …

イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

デザインする際に、勢いを出したい時にオススメの背景の作り方を今回はご紹介します。 簡単ですので、ぜひチェックしてみてください。 イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

アピアランス機能で図形の見た目を整えよう!

四角や丸を重ねるだけでは、イラストとしての完成度が低くなります。 なめらかな曲線や線や色を使うことで、イラストの完成度を上げていく必要があります。 今回ご紹介するのは、アピアランス機能です。 アピアラ …

【デザインを作成する前に必ずやろう!】アートワークの保存

出来上がったファイルデータは名前をつけて保存します。 今回は、データの保存についてご説明します。 【名前をつけて保存する】 データが出来上がった後に保存をすると、作成している最中に消えてしまう可能性も …

アートボードの設定・アートボードツールの使い方

アートボードは、アートワークを作成するための領域です。最高100こまでのアートボードが設定できます。印刷する時やPDFの書き出しは、アートボードの単位で出力されます。 アートボードについて、説明してい …