7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 図形の描き方 ブラシツール使い方

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法

投稿日:2016年8月18日 更新日:

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法を今回はご紹介します、

オリジナルの枠が作れるのでぜひ覚えておきましょう。

 

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法

 

スポンサーリンク

 

 

今回は、2種類のイラストを使いオリジナルのパターンブラシを作っていきます。

1

このイラストを【スウォッチパネル】の横にもっていき、【スウォッチパネル】上に投げます。

12

次に、【ブラシパネル】を開き、右上のマークをクリックして、【新規ブラシ】を登録します。

3

そして、【パターンブラシ】を選択します。

4

すると、【パターンパネルオプション】が表示されます。

5

【パターンパネルオプション】の【外角タイル】を押すと、先ほどのスウォッチがでるので選択します。

6

また、【パターンパネルオプション】の【サイドタイル】も押ちて、先ほどのスウォッチのもう一方を選択します。

7

すると、下にプレビューがでるので、確認できます。

その他にも、【フィット】を【間隔を開けてパスにフィット】にして、OKします。

他の設定もお好みで変更してみてください。

8

OKを押すと、ブラシに追加されています。

9

四角を書いて、このブラシを選択し、塗りを無しにし、線に色を付けると下のような枠が完成します。

10

このブラシを再利用するためには、【ブラシパネル】の【ブラシライブラリメニュー】で【ブラシ】を保存します。

9

次回、またこのオリジナルブラシを使いたいときは、【ブラシパネル】の【ブラシライブラリメニュー】から【ユーザー定義】押し、登録した名前のブラシを選択すると、次回も使うことができます。

PR

PR

-illustrator 図形の描き方, ブラシツール使い方
-, , ,

執筆者:

関連記事

エンベローブの作成でアーチ型のロゴを作ろう

エンベローブは、文字や図形を円弧状に変形する機能です。通常はまっすぐにしかかけないテキストや図形もメッシュポイントを使用することで、自由自在に変形することができます。 エンベローブの変形は、「ワープで …

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう3 完成編

  さぁいよいよ完成間近!ここまでは大丈夫ですか?わからない事があればコメント下さい! 早速いきましょう!   簡単!アバター作製方法

楕円形ツール、多角形ツールで簡単なネコを描いてみる

  楕円形ツールや多角形ツールなど基本ツールだけで、超単純なネコを描いてみましょう。 とっても単純な図形をつかった猫の絵なので、クオリティはあまり気にしないでいきます。 あくまでも練習という …

イラストレーターのシンボルツールの使い方

イラストレーターには、シンボルツールというものがあり、すでに登録されているものだけでもたくさんあるので、使ってみることをオススメします。 今まで使うたびに作っていた、なんてシンボルもあるかもしれないで …

イラレ 線パレットの基本1

  線を引くときに「線パレット」の機能でどんな事ができるのか?を知っておくと細かい部分で作業クオリティが上がります。今回はその解説をやっていきます。   線パレットの使い方