7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 図形の描き方 ブラシツール使い方

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法

投稿日:2016年8月18日 更新日:

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法を今回はご紹介します、

オリジナルの枠が作れるのでぜひ覚えておきましょう。

 

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法

 

スポンサーリンク

 

 

今回は、2種類のイラストを使いオリジナルのパターンブラシを作っていきます。

1

このイラストを【スウォッチパネル】の横にもっていき、【スウォッチパネル】上に投げます。

12

次に、【ブラシパネル】を開き、右上のマークをクリックして、【新規ブラシ】を登録します。

3

そして、【パターンブラシ】を選択します。

4

すると、【パターンパネルオプション】が表示されます。

5

【パターンパネルオプション】の【外角タイル】を押すと、先ほどのスウォッチがでるので選択します。

6

また、【パターンパネルオプション】の【サイドタイル】も押ちて、先ほどのスウォッチのもう一方を選択します。

7

すると、下にプレビューがでるので、確認できます。

その他にも、【フィット】を【間隔を開けてパスにフィット】にして、OKします。

他の設定もお好みで変更してみてください。

8

OKを押すと、ブラシに追加されています。

9

四角を書いて、このブラシを選択し、塗りを無しにし、線に色を付けると下のような枠が完成します。

10

このブラシを再利用するためには、【ブラシパネル】の【ブラシライブラリメニュー】で【ブラシ】を保存します。

9

次回、またこのオリジナルブラシを使いたいときは、【ブラシパネル】の【ブラシライブラリメニュー】から【ユーザー定義】押し、登録した名前のブラシを選択すると、次回も使うことができます。

PR

PR

-illustrator 図形の描き方, ブラシツール使い方
-, , ,

執筆者:

関連記事

基本的な図形の描き方をマスターしよう!

  イラストレーターをマスターすると様々な図形やグラフィックが描けるようになります。 まずは、超基本となる図形を完全にマスターしていきましょう!以下よりご説明   イラレを使った図 …

LINEスタンプに使える手書きイラストをイラストレーターでベクター化する方法

イラストレーターでも手書きのイラストをベクター化(データ化)することができます。 とても簡単なので、オススメです。 例えばLINEのスタンプを作る時などに使える手法です。 実際にイラスト画像を使いなが …

イラストレーターのシンボルツールの使い方

イラストレーターには、シンボルツールというものがあり、すでに登録されているものだけでもたくさんあるので、使ってみることをオススメします。 今まで使うたびに作っていた、なんてシンボルもあるかもしれないで …

【直線ツールで地図も描ける】イラストレーターで簡単に線路を引く方法

チラシやホームページに地図を作成することがでてくるかもしれません。 そんなとき、イラストレーターの直線ツールを使いながら 超簡単に初心者さんでも線路を引く方法をご紹介します。   直線ツール …

イラストレーターを使う際に便利なスムーズツールの使い方

  イラストレーターでパスをひく際に、便利なスムーズツールをご紹介します。 なめらかな線にしたい時にオススメです。   イラストレーターを使う際に便利なスムーズツールの使い方