*

イラストレーター ブラシツールで好きな柄を登録する簡単な方法

イラストレーターのブラシには、すでに登録されたものがたくさんありますが、

自分でもオリジナルの散布ブラシを登録することがきます。

 

後々も使えるようオリジナルブラシを貯めて、デザインの幅を広げましょう。

 

イラストレーターのブラシにオリジナルの散布ブラシを登録する方法

 

スポンサーリンク

 

まずは、お好みのイラストを作ってください。

1

そして、これを【ブラシパネル】の横に持って行き、

【ブラシパネル】の最初の段にある丸筆の形のある最後のマスの横の空いている部分に投げ込みます。

 

2

 

すると、【新規ブラシパネル】が表示されます。

そこで、【散布ブラシ】を選択します。

3

 

 

次に、散布ブラシオプションがでてくるので、そのままOKを押します。

4

 

 

これで、ブラシの登録ができました。

5

 

 

そして、【ブラシ】のアイコンを選択します。

6

ブラシでお好みの形に書きます。

7

すると、このようにオリジナルのブラシが描かれました。

8

また、これを再度使えるように、【ブラシパネル】の【ブラシライブラリメニュー】をクリックして、【ブラシを保存】します。

お好みの名前で登録してください。

9

次回、またこのオリジナルブラシを使いたいときは、【ブラシパネル】の【ブラシライブラリメニュー】から【ユーザー定義】押し、登録した名前のブラシを選択すると、次回も使うことができます。

 

 

関連記事

neko11

楕円形ツール、多角形ツールで簡単なネコを描いてみる

  楕円形ツールや多角形ツールなど基本ツールだけで、超単純なネコを描いてみましょう。

記事を読む

1

イラストレーターのシンボルツールの使い方

イラストレーターには、シンボルツールというものがあり、すでに登録されているものだけでもたくさんあるの

記事を読む

no image

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法を今回はご紹介します、 オリジナルの枠が

記事を読む

no image

イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法

イラストレーターで線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法をご紹介します。 普通のボーダーじ

記事を読む

no image

【直線ツールで地図も描ける】イラストレーターで簡単に線路を引く方法

チラシやホームページに地図を作成することがでてくるかもしれません。 そんなとき、イラストレータ

記事を読む

no image

イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

デザインする際に、勢いを出したい時にオススメの背景の作り方を今回はご紹介します。 簡単ですので

記事を読む

afulo16

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう2 パーツ作製編

  1回目までの大枠はできましたか?ここからは更に細かいパーツの作り方を解説します。

記事を読む

no image

LINEスタンプに使える手書きイラストをイラストレーターでベクター化する方法

イラストレーターでも手書きのイラストをベクター化(データ化)することができます。 とても簡単な

記事を読む

afulo19

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう1 輪郭編

  簡単な図形を応用して、オリジナルキャラや自分のアバターを作ってみよう!という企画

記事を読む

neko1

基本的な図形の描き方をマスターしよう!

  イラストレーターをマスターすると様々な図形やグラフィックが描けるようになります。

記事を読む

PAGE TOP ↑
金利差