7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 便利なテクニック illustrator 図形の描き方

アピアランス機能で図形の見た目を整えよう!

投稿日:

四角や丸を重ねるだけでは、イラストとしての完成度が低くなります。
なめらかな曲線や線や色を使うことで、イラストの完成度を上げていく必要があります。
今回ご紹介するのは、アピアランス機能です。
アピアランス機能を使うと、1つのパスに塗りと線を複数設定でき、複雑な外観を持った図形を作成することができ、見た目の幅が増えイラストのテイストの幅が広がります。

【アピアランスを設定】
それでは、作成したイラストにアピアランス効果をつけていきましょう。
その前に、アピアランスとは何かを説明します。「アピアランス」とは、作成した図形の見た目のことです。
図形は、塗りと線で表現されて作成されますが、これらは個別に効果を設定することができます。
効果とは、透明効果やぼかしなどのコマンドです。
元のパスを変形しないで複雑な見た目をつけることができるので、イラストの効果づけに役立てられます。

1.アピアランスパネルを表示する

ウインドウ>アピアランスからアピアランスパネルを開きます。

2.基本アピアランスの設定を変更

「塗り」と「線」が一つずつの設定を基本アピアランスと言います。
基本アピアランスの状態でいろいろな効果をつけていきましょう。

まずは、効果をつけたい図形を選択して、効果をつけたい箇所(塗りか線)を選択しながら「fx」ボタンをクリックします。

「fx」(効果)のぼかしガウスを選択します。

ぼかしガウスの設定パネルが表示されるので、プレビューにチェックをかけながらぼかす半径を設定していきます。

ぼかしの効果をつけた図形が作成されました。

PR

PR

-illustrator 便利なテクニック, illustrator 図形の描き方

執筆者:

関連記事

イラレ ハート型を簡単に作る

  基本となるハートの形を簡単に作る方法を紹介します。 5分くらいを目安に完成させるようにしてみましょう。 (スピードを計りながら作業すると上達もクオリティも高くなります)

イラストレーターで残像のような文字を作成する方法

イラストレーターで残像のような文字の作り方をご紹介します。
タイトルを印象的にするためにオススメの方法です。

イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法

イラストレーターでは、図形の形など好きな形に文字を配置することができます。 おしゃれに文字を配置できるので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法

アートボードの設定・アートボードツールの使い方

アートボードは、アートワークを作成するための領域です。最高100こまでのアートボードが設定できます。印刷する時やPDFの書き出しは、アートボードの単位で出力されます。 アートボードについて、説明してい …

イラストレーターのシンボルツールを編集する方法

イラストレーターに登録されているシンボルツールを使いたいけど、ちょっと編集したいと思う時があると思います。
そんなときのやり方をご紹介します。