7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 便利なテクニック illustrator 図形の描き方

アピアランス機能で図形の見た目を整えよう!

投稿日:

四角や丸を重ねるだけでは、イラストとしての完成度が低くなります。
なめらかな曲線や線や色を使うことで、イラストの完成度を上げていく必要があります。
今回ご紹介するのは、アピアランス機能です。
アピアランス機能を使うと、1つのパスに塗りと線を複数設定でき、複雑な外観を持った図形を作成することができ、見た目の幅が増えイラストのテイストの幅が広がります。

【アピアランスを設定】
それでは、作成したイラストにアピアランス効果をつけていきましょう。
その前に、アピアランスとは何かを説明します。「アピアランス」とは、作成した図形の見た目のことです。
図形は、塗りと線で表現されて作成されますが、これらは個別に効果を設定することができます。
効果とは、透明効果やぼかしなどのコマンドです。
元のパスを変形しないで複雑な見た目をつけることができるので、イラストの効果づけに役立てられます。

1.アピアランスパネルを表示する

ウインドウ>アピアランスからアピアランスパネルを開きます。

2.基本アピアランスの設定を変更

「塗り」と「線」が一つずつの設定を基本アピアランスと言います。
基本アピアランスの状態でいろいろな効果をつけていきましょう。

まずは、効果をつけたい図形を選択して、効果をつけたい箇所(塗りか線)を選択しながら「fx」ボタンをクリックします。

「fx」(効果)のぼかしガウスを選択します。

ぼかしガウスの設定パネルが表示されるので、プレビューにチェックをかけながらぼかす半径を設定していきます。

ぼかしの効果をつけた図形が作成されました。

PR

PR

-illustrator 便利なテクニック, illustrator 図形の描き方

執筆者:

関連記事

イラレのなげわツールで選択する

  なげわツールって使った事ありますか?意外と使わない機能かとおもいきや、複雑なグラフィックや図形の一部だけ選択したいっていうときに非常に役立ちます。   イラレの投げ輪ツールの使 …

エンベローブの作成でアーチ型のロゴを作ろう

エンベローブは、文字や図形を円弧状に変形する機能です。通常はまっすぐにしかかけないテキストや図形もメッシュポイントを使用することで、自由自在に変形することができます。 エンベローブの変形は、「ワープで …

基本的な図形の描き方をマスターしよう!

  イラストレーターをマスターすると様々な図形やグラフィックが描けるようになります。 まずは、超基本となる図形を完全にマスターしていきましょう!以下よりご説明   イラレを使った図 …

画像の長さや大きさなどサイズを測りたいときに使えるツール

イラストレーターを使っていると、オブジェクトの大きさ、長さを知りたくなる時がでてくるかもしれません。 また、画像のサイズ、長さを知りたい時にどうしたらいいのか。 そんな時には、イラストレーターのものさ …

アドビ イラストレーターが無料で使える方法とまとめ

  アドビイラストレーターのソフトがマジで無料で使える!   そんなオイシイ話あるのかよ!   ってあるんです!   今日はそのダウンロード方法をご紹介♪ &n …