*

【直線ツールで地図も描ける】イラストレーターで簡単に線路を引く方法

チラシやホームページに地図を作成することがでてくるかもしれません。

そんなとき、イラストレーターの直線ツールを使いながら

超簡単に初心者さんでも線路を引く方法をご紹介します。

 

直線ツールでまずは簡単に線を引いてみよう

スポンサーリンク

まずは、【直線ツール】で黒い10px幅の直線を引きます。

【Shiftキー】を押しながら、引くとまっすぐ引くことができます。

1

次に、【アピアランスパネル】で新規線を追加し、追加した線を白、10pxに設定します。

8

2

 

また、【線パネル】で、破線を12pxに設定します。

9

3

これで、線路が完成です。

10

さらに、ここからは、直線だけではなく、自由に線路を引けるようにスタイルを登録します。

できあがった線を【グラフィックスタイルパネル】の横にもっていきます。

【グラフィックスタイルパネル】は、【アピアランスパネル】を開いた時の隣のタブにあると思います。

もしくは、下のパネルボタンをクリックしてください。

それでもなければ、【ウィンドウ】→【グラフィックスタイルパネル】で表示されます。

11

横にもっていったら、ドラッグしたまま【グラフィックスタイルパネル】上にもっていきます。

4

これでスタイルが登録されました。

6

次に、【ペンツール】で線路を引きたい形に書きます。

5

書いたものを選択状態にして、【グラフィックスタイルパネル】に登録した線路を選択すると、スタイルが適用されます。

7

これで、好きな形の線路を引くことができました。

また、新たな地図作成の機会がきた時のために、スタイルを保存することもできます。

【グラフィックスタイルパネル】の【グラフィックスタイルライブラリメニュー】をクリックします。

12

そして、グラフィックスタイルを保存します。

これで、スタイルが保存されました。

新たな地図作成の際は、【グラフィックスタイルパネル】の【グラフィックスタイルライブラリメニュー】から【ユーザー定義】を選択し、保存した線路のスタイルを選択することで、再利用することができます。

 

これを応用して、自分で様々なスタイルを作って、保存しておくと、後で再利用できるので、便利な機能です。

 

関連記事

no image

LINEスタンプに使える手書きイラストをイラストレーターでベクター化する方法

イラストレーターでも手書きのイラストをベクター化(データ化)することができます。 とても簡単な

記事を読む

no image

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法を今回はご紹介します、 オリジナルの枠が

記事を読む

no image

イラストレーターで、線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法

イラストレーターで線幅を少しずつ変えたボーダーを作成する方法をご紹介します。 普通のボーダーじ

記事を読む

afulo19

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう1 輪郭編

  簡単な図形を応用して、オリジナルキャラや自分のアバターを作ってみよう!という企画

記事を読む

1

イラストレーターのシンボルツールの使い方

イラストレーターには、シンボルツールというものがあり、すでに登録されているものだけでもたくさんあるの

記事を読む

no image

イラストレーター ブラシツールで好きな柄を登録する簡単な方法

イラストレーターのブラシには、すでに登録されたものがたくさんありますが、 自分でもオリジナルの

記事を読む

afulo16

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう2 パーツ作製編

  1回目までの大枠はできましたか?ここからは更に細かいパーツの作り方を解説します。

記事を読む

dubleclick4

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう3 完成編

  さぁいよいよ完成間近!ここまでは大丈夫ですか?わからない事があればコメント下さい

記事を読む

neko11

楕円形ツール、多角形ツールで簡単なネコを描いてみる

  楕円形ツールや多角形ツールなど基本ツールだけで、超単純なネコを描いてみましょう。

記事を読む

no image

イラストレーターで勢いを出したい時にオススメの背景の作り方

デザインする際に、勢いを出したい時にオススメの背景の作り方を今回はご紹介します。 簡単ですので

記事を読む

PAGE TOP ↑
金利差