7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 画像処理 illustrator 色塗編

Photoshopを使わずイラレで画像にグラデーション効果を入れる

投稿日:2016年7月11日 更新日:

写真の上に透明なグラデーションを置くという方法をご紹介します。

画像が徐々にフェードアウトして消えていくような効果が得られます。

フォトショップを使わなくても画像を加工することができるのでおすすめです。

 

また画像にグラデーションを入れることでそこに文字を挿入することができます。

 

上手く使うと、おしゃれで、プロっぽい仕上がりになると思います。

名刺やポスターにも使える手法です。

 

イラストレーターで画像に透明なグラデーションを使う方法

 

スポンサーリンク

 

まず写真を用意します。

12

その上に四角の塗りのあるシェイプをおきます。

21

そして、【グラデーションボタン】をダブルクリックします。

3

すると、【グラデーションパネル】がでてくるので、左端を白・不透明度100%に、右端を白・不透明度0%にします。

13

15

するとこのような透明グラデーションのかかった写真になります。

後は、グラデーションの棒をお好みで調整します。

棒の左端の○部分をドラッグしながら、移動すると、棒が移動します。

その分白色が多くなります。

16

また、右端にカーソルを近づけると、回転のマークになるので、棒をななめにすることもできます。

グラデーションもななめになります。

17

また、右端の□にカーソルを近づけると、マークが変わり、棒を短くできます。

グラデーションの領域が短くなります。

18

 

また、【グラデーションパネル】の設定で、左端の白・不透明度100%のところを青・不透明度100%にし、棒をしたのように変化させると、下のようになります。

20

塗りが不透明な部分に文章を置くのもよいですね。

こうすることでグッとプロっぽい仕上がりになります。

ちょとしたポスターの作製や、名刺の作製にも使えます。

14

PR

PR

-illustrator 画像処理, illustrator 色塗編
-, , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで残像のような文字を作成する方法

イラストレーターで残像のような文字の作り方をご紹介します。
タイトルを印象的にするためにオススメの方法です。

写真や画像の配置で表示されないなどのトラブルを防ぐポイント

illsutrator イラストレーターで写真などの画像を配置する機会がある際に、覚えておきたいポイントをご紹介します。   ネットや、自分のフォルダから写真をイラストレーターの画面上に貼り …

イラストレーターでエリア内に文字を書く方法

雑誌などでよくみる、枠のエリア内に文字を書く方法を今回はご紹介します。 このテクニックを知っているだけで 例えば自分でチラシやお店のフライヤー、ホームページを作る時に ちょっとオシャレなイメージを演出 …

イラストレーターで見出しにイラストを使って、印象的に見せる方法

  見出しはやはり目立たないといけないものです。 そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで見出しにイラストを使って、印象的に見せる方法  

イラストレーターで図形と図形をブレンドする方法

  イラストレーターでは、複数のオブジェクトの形状と色をブレンドすることができるブレンドツールというものがあります。これは図形と図形を連続させることで、グラデーションのような色の効果も得られ …