7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 便利なテクニック シンボルの使い方

イラストレーターで新規のシンボルの登録方法

投稿日:2017年1月11日 更新日:

以前、シンボルの使い方をご紹介しましたが、新規でシンボルを登録することもできます。

その方法をご紹介しますので、ぜひ覚えてオリジナルのシンボルを作ってみてください。

イラストレーターで新規のシンボルの登録方法

スポンサーリンク

まずは、お好みの図形を書きます。

3

そして、【シンボルパネル】を開きます。

シンボルをパネルの横に持って行き、シンボルの上にドラッグしながら、持っていきます。

4

すると、下のパネルが開きます。

お好みで名前をつけ、OKを押します。

5

これで、下のようにシンボルが登録されました。

とても簡単です。

6

そのままつかってもいいですし、場所を変えられたり、色を付けられたり、スタイルも付けることができます。

7

よく使うシンボルを登録しておくと、何度も作成することもないので、便利です。

PR

PR

-illustrator 便利なテクニック, シンボルの使い方

執筆者:

関連記事

ブラシに色を着ける方法 ブラシツールの必勝法

    今回は以下の画像のように、ブラシ自体に色をつける方法をご紹介します。 これは知っておくと非常に便利です。ブラシという機能を使うとペンツールで線を引いた箇所に好きなパターンを …

スライスツールの便利な使い方【同じ大きさの画像を作成する方法】

イラストレーターで作業する時に、同じ大きさの画像をたくさん作成することもあると思います。 例えばアートボードを分割して、たくさん同じサイズのがオブジェクトを作りたいときなどです。 グリッドを表示させて …

イラストレーターで残像のような文字を作成する方法

イラストレーターで残像のような文字の作り方をご紹介します。
タイトルを印象的にするためにオススメの方法です。

継ぎ目なく柄、パターンを作って簡単な迷彩柄をパターンにしてみる

  こんにちは。 イラストレーターで一番わかりづらいのは柄の作り方。(パターンの作り方)ではないでしょうか? しかしこの柄の作り方がマスターできてしまえばこっちのもんですo(・ω・´o) で …

イラストレーターCCでTypekitからフォントを追加する方法

  イラストレーターCCでは、無償でTypekitからフォントを追加することがきます。 数は、多くありませんが、使いたいフォントがあるかもしれないので、チェックしてみてください。 &nbsp …