*

イラストレーターの遠近グリッドで画像や文字を配置する方法

公開日: : illustrator 便利なテクニック

イラストレーターで、遠近感のある画像や文字を配置したい時のやり方をご紹介します。

遠近グリッドを使うことで、キレイに配置できるので、ぜひ覚えておきましょう。

イラストレーターの遠近グリッドで画像や文字を配置する方法

スポンサーリンク

まず、【遠近グリッドツール】を選択します。

19

すると、下のようなグリッドが表示されます。

1

もしくは、【表示】→【遠近グリッド】→【二点遠近法】を選択でも表示されます。

別の遠近グリッドがいい場合は、【一点遠近法】、【三点遠近法】などもあります。

 

そして、左上に表示される下の立法体から配置したい部分をクリックします。

この立方体は、遠近グリッドの右側面、左側面、底面を表しています。

5

次に、【Shift+Ctrl+Pキー】で画像を配置します。

9

そして、画像を選択状態で、イラストレーター上部にある【画像トレースボタン】を横の▼から【写真(高精度)】を選んで、【画像トレースボタン】を押します。

10

11

トレースが終えたら、【拡張ボタン】を押します。

12

すると、下のようなトレースされ、ベクター化された画像が配置されます。

13

 

次に、【遠近図形選択ツール】を選択します。

4

そして、グリッドの上に持っていくと、下のように遠近感のある形に自動で変形し、配置されます。

14

配置後の様子です。

15

次に、文字です。

お好みの文字を書きます。

16

これを、【遠近図形選択ツール】を選択して、グリッド上に持って行きます。

すると、下のように配置することができます。

17

配置が終わり、グリッドを非表示にしたい時は、【表示】→【遠近グリッド】→【グリッドを隠す】を選択すると、非表示にできます。

 

関連記事

6

イラストレーターのシンボルツールを編集する方法

イラストレーターに登録されているシンボルツールを使いたいけど、ちょっと編集したいと思う時があると思い

記事を読む

no image

イラストレーターCCでTypekitからフォントを追加する方法

イラストレーターCCでは、無償でTypekitからフォントを追加することがきます。 数は、多く

記事を読む

no image

スライスツールの便利な使い方【同じ大きさの画像を作成する方法】

イラストレーターで作業する時に、同じ大きさの画像をたくさん作成することもあると思います。 例え

記事を読む

no image

画像の長さや大きさなどサイズを測りたいときに使えるツール

イラストレーターを使っていると、オブジェクトの大きさ、長さを知りたくなる時がでてくるかもしれません。

記事を読む

no image

イラストレーターで新規のシンボルの登録方法

以前、シンボルの使い方をご紹介しましたが、新規でシンボルを登録することもできます。 その方法を

記事を読む

no image

イラストレーターでオリジナルの絵筆ブラシを作成する方法

イラストレーターでは、もともと入っているブラシじゃ足りないと思った時には、オリジナルの絵筆ブラシを作

記事を読む

no image

イラストレーターで文字やイラストに影をつける方法

イラストレーターでも文字やイラストに影をつけることができます。 簡単なので、ぜひ覚えておきまし

記事を読む

PAGE TOP ↑
金利差