7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 便利なテクニック

イラストレーターCCでTypekitからフォントを追加する方法

投稿日:2017年1月15日 更新日:

 

イラストレーターCCでは、無償でTypekitからフォントを追加することがきます。

数は、多くありませんが、使いたいフォントがあるかもしれないので、チェックしてみてください。

 

イラストレーターCCでTypekitからフォントを追加する方法

 

スポンサーリンク

 

そもそもTypekitとはどんなものでしょうか?

以下、Adobeからの引用になります。

 

Typekit は、コンピューターに同期できるフォントや、Web サイトで使用できるフォントを提供するサブスクリプションサービスです。個別のフォントのライセンスを取得する代わりに、自分のニーズに最も合ったプランに新規登録して、そのプランに含まれるフォントの中から必要なフォントを選択使用することができます。

 

イラストレーター上部の【フォントファミリを設定】の部分をクリックします。

すると、一番上に【Typekitからフォントを追加】が表示されているので、クリックします。

23

すると、Typekitのインターネットサイトが開き、下のようなフォントが並んでいます。

19

日本語だけでなく、英語もあります。

今回は、下のCopperplateというフォントを選択しました。

この選択したフォントを【同期】します。

20

そして、CreativeCloudを開き、【アセット】→【フォント】から、同期されているか確認します。

21

イラストレーターの【フォントファミリを設定】を見ると、Copperplateのフォントが入ったことが確認できます。

実際にフォントを指定し、文字を書くと下のようになります。

22

PR

PR

-illustrator 便利なテクニック
-, , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターの遠近グリッドで画像や文字を配置する方法

イラストレーターで、遠近感のある画像や文字を配置したい時のやり方をご紹介します。 遠近グリッドを使うことで、キレイに配置できるので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターの遠近グリッドで画像や文字 …

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう1 輪郭編

  簡単な図形を応用して、オリジナルキャラや自分のアバターを作ってみよう!という企画です。   ここでは、シンプルなアフロキャラの作り方を説明します。   アバター作製方 …

イラストレーターで残像のような文字を作成する方法

イラストレーターで残像のような文字の作り方をご紹介します。
タイトルを印象的にするためにオススメの方法です。

スライスツールの便利な使い方【同じ大きさの画像を作成する方法】

イラストレーターで作業する時に、同じ大きさの画像をたくさん作成することもあると思います。 例えばアートボードを分割して、たくさん同じサイズのがオブジェクトを作りたいときなどです。 グリッドを表示させて …

画像の長さや大きさなどサイズを測りたいときに使えるツール

イラストレーターを使っていると、オブジェクトの大きさ、長さを知りたくなる時がでてくるかもしれません。 また、画像のサイズ、長さを知りたい時にどうしたらいいのか。 そんな時には、イラストレーターのものさ …