7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 便利なテクニック

イラストレーターのシンボルツールを編集する方法

投稿日:

イラストレーターに登録されているシンボルツールを使いたいけど、ちょっと編集したいと思う時があると思います。

そんなときのやり方をご紹介します。

イラストレーターのシンボルツールを編集する方法

スポンサーリンク

まず、【ウィンドウ】→【シンボル】を選択し、【シンボルパネル】を開きます。

そして、パネル左下の【シンボルライブラリメニュー】からお好みのシンボルを選択します。

6

今回は、【紙吹雪】というシンボルを選択しました。

そして、【シンボルスプレーツール】を選択して、アートボードにドラッグします。

すると、下のように表示されます。

7

このシンボルを変形させたいときは、【シンボルシフトツール】を選択します。

9

変形させたい部分をドラッグしながら移動すると、変形できます。

8

また、【シンボルスクランチツール】を選択します。

10

そして、選択した部分がドラッグし続けると、シンボルが集まってきます。

15

【シンボルリサイズツール】を選択します。

11

すると、ドラッグし続ける分だけ、シンボルが大きくなります。

16

【シンボルスピンツール】を選択します。

18

すると、シンブルの向きを変えることができます。

17

【シンボルステインツール】を選択します。

12

すると、選択した部分に色が付きます。

20

【シンボルスクリーンツール】を選択します。

13

すると、スタイルにスクリーンが適用され、選択した部分の色が明るくなります。

19

【シンボルスタイルツール】を選択します。

14

そして、【スタイルパネル】からお好みのスタイルを選択し、シンボル上をドラッグすると、スタイルが適用されます。

21

このように、1つのシンボルもさまざまに編集できるので、可能性は無限大ですね。

 

 

 

PR

PR

-illustrator 便利なテクニック
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

【デザインを作成する前に必ずやろう!】アートワークの保存

出来上がったファイルデータは名前をつけて保存します。 今回は、データの保存についてご説明します。 【名前をつけて保存する】 データが出来上がった後に保存をすると、作成している最中に消えてしまう可能性も …

初心者が簡単に素敵なカッコいい名刺やカードを作る方法

    以前お伝えした名刺の作り方はこちらも参照ください。   今回は名刺サイズのプリントアウトの設定からはじめます。 その後ロゴを作ります。 まずは名刺の用紙を用意しま …

ブラシに色を着ける方法 ブラシツールの必勝法

    今回は以下の画像のように、ブラシ自体に色をつける方法をご紹介します。 これは知っておくと非常に便利です。ブラシという機能を使うとペンツールで線を引いた箇所に好きなパターンを …

スウォッチパネルとはどういう機能?

スウォッチパネルは、色を変更する時に便利なパネルですが、使用頻度が高い色を登録することができます。 単色だけでなくグラデーションの色も登録することができるので、細かい設定が必要な色をたくさん作っても登 …

イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法

イラストレーターでは、図形の形など好きな形に文字を配置することができます。 おしゃれに文字を配置できるので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターのパス上文字ツールを使って、図形上に文字を書く方法