7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator テキスト illustrator 便利なテクニック ブラシツール使い方

イラストレーターでオリジナルの絵筆ブラシを作成する方法

投稿日:2016年8月23日 更新日:

イラストレーターでは、もともと入っているブラシじゃ足りないと思った時には、オリジナルの絵筆ブラシを作成することもできます。

マイブラシを作成して、オリジナリティーをUPさせましょう。

 

イラストレーターでオリジナルの絵筆ブラシを作成する方法

 

スポンサーリンク

 

 

まずは【ブラシパネル】を開き、【新規ブラシ】をクリックします。

4

 

すると、【新規ブラシパネル】が表示されるので、【絵筆ブラシ】を選択します。

2

 

そして、出てきた【絵筆ブラシオプション】をお好みに設定します。

3

 

 

今回は、下のような感じに仕上げました。

 

6

また、【ブラシパネル】にある先ほど登録したブラシをダブルクリックすると、

再編集も簡単にできるので、どんどん使っていきましょう。

 

このブラシを再利用するには、【ブラシパネル】の【ブラシライブラリメニュー】で【ブラシ】を保存します。

9

次回、またこのオリジナルブラシを使いたいときは、

【ブラシパネル】の【ブラシライブラリメニュー】から

【ユーザー定義】押し、登録した名前のブラシを選択すると、次回も使うことができます。

 

PR

PR

-illustrator テキスト, illustrator 便利なテクニック, ブラシツール使い方
-, , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで砂文字を書く方法

イラストレーターでシンボルツールを使用して砂文字を書く方法をご紹介します。印象的な文字にしたい時にオススメです。

グレースケールの画像にスウォッチで色をつける

グレースケールの写真にスウォッチで色をつけることができます。 【スウォッチパネル/カラーパネルで色を変更する】 1.色を適応させる写真を選択 まずは、グレースケールの写真を用意します。 2.スウォッチ …

レイヤーパネルから図形を選択する方法

IllustratorはPhotoshopと同じくレイヤーという概念があります。 Illustratorでグラフィックを作成する時は、いろんな図形を重ね合わせて制作することが多いので、レイヤーの使い方 …

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法

イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法を今回はご紹介します、 オリジナルの枠が作れるのでぜひ覚えておきましょう。   イラストレーターでオリジナルのパターンブラシを作る方法 …

スライスツールの便利な使い方【同じ大きさの画像を作成する方法】

イラストレーターで作業する時に、同じ大きさの画像をたくさん作成することもあると思います。 例えばアートボードを分割して、たくさん同じサイズのがオブジェクトを作りたいときなどです。 グリッドを表示させて …