7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 便利なテクニック

画像の長さや大きさなどサイズを測りたいときに使えるツール

投稿日:2016年7月15日 更新日:

イラストレーターを使っていると、オブジェクトの大きさ、長さを知りたくなる時がでてくるかもしれません。

また、画像のサイズ、長さを知りたい時にどうしたらいいのか。

そんな時には、イラストレーターのものさしツールが便利です。

 

 

イラストレーターで長さを測る方法

 

スポンサーリンク

 

まずは、お好みの画像を置いてみてください。

 

1

【表示】→【グリッドを表示】でグリッド線も表示しています。

そして、【スポイトボタン】を長押しして、出てくる【ものさしツール】を使用します。

2

長さを測りたい場所を【Altキー】を押しながら、マウスのホイール(コロコロする部分)を上に回して、拡大します。

ちなみに、【Altキー】を押しながら、マウスのホイール(コロコロする部分)を下に回すと、縮小されます。

【ものさしツール】で【Shiftキー】を押しながら、測りたい部分を測ります。

3

長さは、この情報パネルで分かります。

この場合、Wが長さになります。

また、座標軸(X軸・Y軸)やH(高さ)、角度も測る事ができます。

例えば、写真と写真の間の角度を調べると、このようにななめ線になり、【情報パネル】に角度などの情報が出てきます。

4

 

 

 

PR

PR

-illustrator 便利なテクニック
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

illustratorで自分の似顔絵を作ってブログやツイッターのアイコンにしよう

  自分のイラスト、(アバター)を作って ブログに貼付けたりツイッターのアイコンにしてみましょう。   イラレで似顔絵を簡単に作る方法

イラストレーターで新規のシンボルの登録方法

以前、シンボルの使い方をご紹介しましたが、新規でシンボルを登録することもできます。 その方法をご紹介しますので、ぜひ覚えてオリジナルのシンボルを作ってみてください。 イラストレーターで新規のシンボルの …

ライブペイントを使用して簡単にイラスト作成!

ライブトレースの使い方で説明したように、Illustratorでは手書きのイラストからも簡単にパスの画像が作成できます。 今回は、作成したパス画像から、ライブペイント機能を使用して、色つきのイラストを …

リシェイプツールで自然な形に変形しよう!

Illustratorで形を描くと、複雑なパスで形成されている形のイラストが多いので、形の修正をしなければならなくなった時に、1こ1このパスを自然な形に修正しなければいけないのはかなりの至難の技です。 …

描いたイラストを透明に表現する方法

描いたイラストを透明に透けているように表現する方法がIllustratorの描画モードであります。 図形同士が重なる部分を透過させて表現する方法をご紹介します。 【不透明度の設定】 不透明度を設定する …