7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 便利なテクニック

画像の長さや大きさなどサイズを測りたいときに使えるツール

投稿日:2016年7月15日 更新日:

イラストレーターを使っていると、オブジェクトの大きさ、長さを知りたくなる時がでてくるかもしれません。

また、画像のサイズ、長さを知りたい時にどうしたらいいのか。

そんな時には、イラストレーターのものさしツールが便利です。

 

 

イラストレーターで長さを測る方法

 

スポンサーリンク

 

まずは、お好みの画像を置いてみてください。

 

1

【表示】→【グリッドを表示】でグリッド線も表示しています。

そして、【スポイトボタン】を長押しして、出てくる【ものさしツール】を使用します。

2

長さを測りたい場所を【Altキー】を押しながら、マウスのホイール(コロコロする部分)を上に回して、拡大します。

ちなみに、【Altキー】を押しながら、マウスのホイール(コロコロする部分)を下に回すと、縮小されます。

【ものさしツール】で【Shiftキー】を押しながら、測りたい部分を測ります。

3

長さは、この情報パネルで分かります。

この場合、Wが長さになります。

また、座標軸(X軸・Y軸)やH(高さ)、角度も測る事ができます。

例えば、写真と写真の間の角度を調べると、このようにななめ線になり、【情報パネル】に角度などの情報が出てきます。

4

 

 

 

PR

PR

-illustrator 便利なテクニック
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

イラストレーターで見出しにイラストを使って、印象的に見せる方法

  見出しはやはり目立たないといけないものです。 そんな時にオススメの方法をご紹介します。   イラストレーターで見出しにイラストを使って、印象的に見せる方法  

イラストレーターCCでTypekitからフォントを追加する方法

  イラストレーターCCでは、無償でTypekitからフォントを追加することがきます。 数は、多くありませんが、使いたいフォントがあるかもしれないので、チェックしてみてください。 &nbsp …

イラストレーター画面を移動させた時にパターン(柄)がずれないようにしたい

  柄やパターンを作って、よくおこる現象で、「新規ページ」や「別ページ」に パターンを移動させると元の位置より柄やパターンがズレてしまう時があります。 これけっこうやっかいですよね。。せっか …

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう1 輪郭編

  簡単な図形を応用して、オリジナルキャラや自分のアバターを作ってみよう!という企画です。   ここでは、シンプルなアフロキャラの作り方を説明します。   アバター作製方 …

イラストレーターの遠近グリッドで画像や文字を配置する方法

イラストレーターで、遠近感のある画像や文字を配置したい時のやり方をご紹介します。 遠近グリッドを使うことで、キレイに配置できるので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターの遠近グリッドで画像や文字 …